防災おじさんブログ

防災おじさんが防災グッズ(ややデジタル寄り)を試行錯誤するブログ

CB缶とOD缶

外で湯を沸かしたい(アナログ編)にて、

 

キャプテンスタッグ オーリック小型ガスバーナーコンロの説明をしてきましたが、頻回使用する場合は若干コスパが悪い。ガスカートリッジは1つ509円する。

で、調べていくと、このガスボンベには種類がありアダプターを使えば相互互換性があるらしきことが分かってきました。

キャプテンスタッグのオーリックで用いたカートリッジは「OD缶」と呼ばれるもので、文字通り「OutDoor」での使用を目的とした缶。

一方、自宅のカセットコンロで「鍋やるべ」「焼肉やるべ」の時に使う円筒状のカセットボンベは「CB缶」と呼ばれるもので、これも文字通り「Cassette Gas Bombe(カセットガスボンベ)」のこと。
CB缶は100均などでも購入できますし、Amazonで検索かけると1本250円ぐらいで買える。

中身はどちらもLPG(液化ブタン)で、CB缶がガスバーナーコンロで使えるならコスパが改善すると思った。

 

なお、CB缶とOD缶の違いは、


・耐寒性に優れているOD缶
・衝撃に強いのもOD缶
・出力(火力)が安定しているのはOD缶
・コスパに優れているのはCB缶

 

ということで、このガスバーナーコンロに取り付けられるCB缶用のアダプターを購入したので近日中に実験してみます。

 

今回の記事は備忘録というか、アダプター使って実験するときの下準備みたいなものだと思ってください。

 

記 2020/10/13