防災おじさんブログ

防災おじさんが防災グッズ(ややデジタル寄り)を試行錯誤するブログ

真剣にタバコ葉以外を吸う(カカオシェル)

詳細についてははじめにをご一読ください。

 

ストレス性高血圧からニコクラを頻発するようになり、真剣にタバコ葉以外を吸い始めたうまおじでございます。

 

-- カカオシェル(カカオ豆の外皮) --

 

カカオはご存知のチョコレートの原料の「カカオ」です。
カカオの学名はTheobroma cacao(テオブローマ・カカオ)、Wikipediaによると、「theos(神の)broma(食べ物)」に由来するようですが、カカオに含まれるアルカロイドのテオブロミンの名前はTheobromaに由来し、犬が食べると中毒になりますね。
神様の食べ物なのに。

 

個人的に「カカオ」と「ココア」と「チョコレート」の区別がよく分かってなかったのでザザッと書きますと、

 カカオ:木の名前、実がなり、中に種子があって、種子はカカオ豆と呼ばれる

 ココア:カカオ豆からチョコレートを作るまでの中間産物
(厳密にはカカオ豆を発酵、焙煎させて種皮と胚芽を取り除くと"カカオマス"ができ、そこからココアバターを減らしたものが"ココア"らしい)

 チョコレート:前述カカオマスに色々くわえて工夫して作る最終産物

 

で、です。今回吸おうと思っているこの「カカオシェル」は、カカオの加工工程で生じる「発酵・焙煎させて種皮を取り除く」のその取り除かれたものですね。

カカオティーを飲むときに用いられますが、そのカカオティーには
 ・プロシアニジン(ポリフェノールのひとつ)
 ・カテキン
 ・セロトニン
まぁ大丈夫そうなやつばかりです。それぞれの効果は色々ありすぎるので調べてください。「カカオティーはノンカフェインなので素敵!」みたいな記載も見られました。

 

f:id:umu_umai_ojisan:20200503221524j:plain

ラベルには
「カカオの外皮でチョコレートを想像する香りが特徴です。紅茶やハーブ等と合わせてチョコレートの香りを楽しむフレーバーティーとしておすすめ。リラックスしたいティータイムに。」
なるほど。チョコレートフレーバーがどう作用するのか楽しみです。

f:id:umu_umai_ojisan:20200503234149j:plain

カカオシェル、なんつーか。ナイフで鉛筆削った後の削りカス?
グラインダー洗ったりがめんどいので、このまま吸います。

f:id:umu_umai_ojisan:20200503234407j:plain

セロトニンよ、俺をハッピーにしてくれ。

 

[喫味]

<Flowermate V5 Nano 190度>

冗談でなく、加温が十分でない最初の頃は、かじった鉛筆の匂いがします、昔は青っパナたらした子供でした。
加温が十分回ると・・・
うーん?
フレーバーとしては、香ばしさ、ほんの少しの旨み、ほんの少しの甘みですが、期待していたチョコレートっぽさは全然ない。イネ科っすねジャンルとしては。

で、です。いったん吸ったカカオシェル捨ててから、よく蒸されたチャンバーの中に再びたっぷりとカカオシェルを入れて、再度加熱を始めたら、いきなり喫味が変わった。

駄菓子のチョコモナカを口に含んで、まだチョコレートの味が舌に達してない時のフレーバーです。すげぇ、そこはかとないチョコ感。
ただし美味いかというと微妙。2セッション目は概ね、終始してそんなフレーバーでした。

 

[さいごに]

かぼそい、ほのかなチョコフレーバーを味わうことはできましたが、
「さぁチョコだぞ!」という感じでは全然なくて、隣の部屋でココア飲んでる人がいて、その匂いがフワッと漂ってきた、よりも更に弱い感じです。

シャグの味付けにはかなり弱いかなという気がしますし、チョイスとかスタンレーとかのチョコフレーバーの方がチョコっぽい(?)喫味を出すんじゃないでしょうか。

ということで、面白くはあるのですがあまり実用的ではないなという感想でした。

 

以上になります。

 

記 2020/5/3