うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー ブログ

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Tinymightのあれこれ

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

以前にTinymightのレビュー記事を書きました

その後、(特に今まさに)Twitter上でTinymightの話題が沸騰しており、
加えてTinymightに関するご質問をいくつかお寄せいただいておりますので、まとめてこれまでに返答した内容と、新たにいただいたご質問についてお応えさせていただきます。

これら回答は全て主観ですので、すでにTinymightを使いこなしている方々からすると「Tinymightディスってんじゃねーよ」という感想になるかもしれませんが、いちユーザーの主観程度に思っていただければ幸いです。

 

[ガチャピンさんよりご質問]

> 吸った時の喉へのキック感はどんな感じですか?
> 今はdynavapを使用してて、シャグはコルツメンソールをよく吸います。
> あと煙、ミストは結構出ますか?

[うまおじ返答]

こんにちは!
Tinymightの吸いごたえとか、キックですよね...
フルコンベクション全体に言えると思うんですが、加熱して出てきたミストをかき集めて吸うみたいな印象で、
コンダクションのチャンバーからモクモクとミストが出てきてガツンと吸うというのとはちょっと異なるように思えます。
まして、ピークの喫味が非常に強くて特徴的なSolo2やDynaVap使用されててそれと比べてという話になると、Tinymightはキックの点では落ちると思います(全てのコンベクションに言えるでしょう)
dynavap、solo2、zeusと、fenixはシャグ次第ですが、これら喫味がかなり濃厚メンバーだと思うので、これらに匹敵する機種となるとなかなか。うーん、という感じです。
長年紙巻き吸ってた人だとdynavapの2-4セッション目あたりが一番好みの喫味じゃないかな?と、何となく思います

 

[コドコドさんよりご質問]

> 初めてこの機種でフルコンベクションデビューしたのですが、
> コンベクションの味の出方の傾向がわからず、正しく吸えているかイマイチ自身がありません。
> ご参考までに、どのぐらいの量のシャグをどんな感じで詰めて、どんな吸い方をされているか教えて頂けないでしょうか。

[うまおじ返答]

はじめまして、仰りたいことなんとなく分かります。自分も初めてfirefly2を購入したときに同じ気持ちになりました。

つまり、「普通に吸っててもコンダクションの時のような喫味が入ってこないんだけど俺騙された?」

的な感覚だと思います、よくわかります。
コンダクションとフルコンベクションでは喫味の出方も吸い方も異なるので、そういうものだと思っていただくしかないのですが...

コンダクションはシャグを焦がして煙を吸っているのだとすれば、コンベクションはシャグに熱風を当ててそれを通した蒸気を吸います。
コンダクションはシャグ入れて適当に吸えば後は温度設定だけでお好みに吸ってという感じですが、
コンベクションは(個人的には)熱風が当たってシャグの中で抽出されたシャグの旨味みたいなのをゆっくりと少しずつ口の中に貯めていくような吸い方をしています。
(自分は)コンダクションが舌先で喫味を味わうとすれば、コンベクションは舌と口の中と喉を使って全体で味わうような使い方をしています。
(感覚的な話ですが)コンダクションが寸断された喫味の断片を味わうとするなら、コンベクションは口の中に溜めたフレーバーの総量で楽しむような味わいをしています。

シャグ量に関しては、この機種はすごく少ない量から(チャンバー半分のフワ詰め)楽しめますし、その場合はフレーバーが優勢に出ます。
でも割と火力もあるので、かなりしっかり(やや窮屈ぐらいに)詰めたとしても、今度はキックや濃厚さを中心に楽しむことができます。

で、ですが自分は上述の「割と時間かけてゆっくりと楽しむ」ということがなかなかしづらい生活と性格をしているので、フルコンベクションは余裕のある時に使い、
結局普段使いは喫味の分かりやすいニコチン補給機としてStarryを使ってしまってます。

フルコンベクションは値段ももちろんお高いのですが、時間のある人の優雅な贅沢品だなぁという気持ちを持っています。(本来はひとつまみ10円とかのタバコ葉に使ってる機種じゃないですもんね)

 

[チビさんよりご質問]

> お世話になります!TinyMight気になります!
> フルコンベクションとの事で、濃さではなくてフレーバー重視との事ですが、
> ミスト量(喫味の持続時間)はsolo2 やFury edge比でいかがでしょうか?

[うまおじ返答]

Tinymightは決して濃さが乏しいわけではなく、巷で話題になっている濃さを重点に置いてある機種と比べると若干物足りなさを感じるかもしれない、という程度のものです。

この「巷で話題になっている機種」の具体例を挙げると
 ・Gpen pro ・Black mamba ・Solo2
 ・DynaVap ・Zeus Arc GT
あたりになりますが、こと「濃さ」という点では劣るでしょう。

喫味の持続時間は Fury edge >= Tinymight >> Solo2で、明確にSolo2よりは喫味が長持ちしますが、Fury edge比だとシャグによるあるいは喫味の持続時間は若干劣るかもという感じです。

 

[Tinymightを検討中のかたに]

まず分類上の話ですが、Tinymightは個人的な主観ですとコンベクションヴェポライザーの中でもフルコンベクション(ピュアコンベクション)の部類に入ります。

フルコンベクション(100%)だと自分が認識しているヴェポライザーは
 ・Firefly2 ・Ghost MV1
フルコンベクションの特性を強く感じる(90%)ヴェポライザーは
 ・Vivant Ambit
フルコンベクションの特性も感じる(70%)ヴェポライザーは
 ・Boundless Tera V3
ハイブリッドの特性を感じるヴェポライザー(50%)
 ・Solo2 ・Fury edge ・XVAPE FOG
どちらかというとコンダクション寄り(20〜40%)
 ・FENiX/FENiX+ ・Flowermate Slick ・Flowermate V5Nano
 ・Fury2 ・AirVape X/ XS

 

こんな感じで、Firefly2やGhost MV1、Vivant Ambitはシャグの詰め具合や吸い方に工夫をしないとまともに喫味を楽しめません。

Tinymightは上述フルコンベクションほどシャグ操作や詰め方に工夫をしなくても素直に喫味を出してくれるので扱いやすいといえば扱いやすいのですが、
喫味の出方はハイブリッドやコンダクションと比べると、喫味の上澄みをゆっくりと口の中に溜め込んで転がして味わうような楽しみ方(いわゆるフルコンベクションの吸い方)になるので、「詰めて瞬発サクッと」というわけにはいきません。

コンダクションやハイブリッドの延長線で「おっ、いい機種なの?ポチろう」という方がしばしば見られますので、届いて吸ってみて「え、全然今までと違う」と面食らってる方が多いような気がする機種です。

ただ、従来のFirefly2やGhost MV1(そして多分Haze Squareとかも)と比べると、細かいシャグ操作が必要なく、セッション数多く、そしてフルコンベクションの喫味を出せるという意味では随一唯一の機種だと思われますし、極めて優れた機種だと思うのですが、

個人的にはフルコンベクションよりもハイブリッド寄りの機種の方があんまり頭を使わずにガツンと喫味を楽しめるという点で便利な気がしています。

 

そして、そういうコンダクション・ハイブリッド・コンベクションについての個人的な考えは

以前にこちらに書いたことがあります。

Tinymightが世に出てきてから「フルコンベクションってダルい」という印象は若干薄まりましたが、Tinymightをこれから購入を検討しようという方は、「本当に自分の好みはフルコンベクションなのか?」ということについて、ちょっと考えてから購入された方がいいと思います。

 

(例えばGpen proやBlack mambaやSolo2の喫味が好きな方は、その延長線でTinymightを購入してしまうと大きくコケる可能性があります)

 

以上、主観満載ですが、Tinymightとフルコンベクションについてでした。

 

記 2020/1/18