うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー ブログ

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

XVAPE ARIA

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

<第八十一弾>

XVAPE ARIA(クリックで本家XVAPEに飛びます)

国内で取り扱いがあるのは現在はAmazon楽天になります(アフィ注)

 

まーた似たような機種出てきたな?と思うかもしれませんが、XVAPEの歴史の中だと実はARIAは意欲的というか原点回帰的な商品であり、
過去にXAPEブランドから発売されているヴェポライザーは
・XVAPE FOG(コンベクション)
・XVAPE VITAL(Herbva Vivaっぽいやつ)
・XVAPE V-ONE(ペンタイプ)
・XVAPE Vista(デスクトップ)
・XVAPE Vixen(ステルスな、なんか変なやつ)

であり、オーソドックスなコンダクションの温度変化が微調整できるやつは実はXVAPEでは初になります。(Topgreen内で見れば一番近いコンセプトはXMAX Starryになりますが・・)

Topgreenブランドの機種は今後全てXAPEに統合しようみたいな流れが垣間見え、過去のXMAX V2 ProやXMAX Starryなどは現在ではXVAPEブランドの商品になっているようですね。

 

[結論先取り、このレビューに書かれていること]

・シャグだとあまり継続して吸いたいと思える喫味は感じませんでした
・しかし、パイプ葉を吸ってその評価は一変しました
・価格から考えると割と高級感を感じます
・チャンバーとマウスピース近く、アチチかもしれません
・ことパイプ葉に関しては非常に満足感高い機種でした

[外観]

f:id:umu_umai_ojisan:20190628153630j:plain

箱、シンプル。ARIAという文字すら目立たない。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628153719j:plain

故に、観音開きした時のギャップに少し「おおっ」ってなります。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628153810j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20190628154045j:plain

本体を最初に手にしたときの印象は「意外に重い」そして「高級感ある」でした。
表面のレザーが特徴的だと思います。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628154222j:plain

一番上はナニかをナニカするためのもの、そしてブラシ、MicroUSBと、マウスピースのフィルター2種

f:id:umu_umai_ojisan:20190628154327j:plain

ワイプ(アル綿)と、綿棒と取説ですね。
70%イソプロ使ってることから、この機種での標準清掃は70%イソプロピルアルコールで良さそうです。

さて、本体見ていきましょう。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628154558j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20190628154635j:plain

フロントと反対面。フロントは上から電源ボタン、ディスプレイ、up/downボタン。
用いられている金属部が他の機種とちょっと異なり高級感あります。
なおボタン類の一番下にあるのがMicroUSBポートです。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628154911j:plain

ディスプレイ、十分な輝度。ヒートアップ中はカウントダウンは開始されずに

f:id:umu_umai_ojisan:20190628154952j:plain

ヒートアップ完了後からカウントダウンが開始されます。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155102j:plain

最近流行りの爪楊枝内蔵

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155140j:plain

お尻はエアパス兼ベントホールといったところでしょうか。もっというとディスプレイ側の穴(右)がエアパスで、反対側の穴(左)はベントホールっぽいです。(塞いだ時にドローに関わるのは右の穴のようです)

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155517j:plain

チャンバーはセラミックコンダクションですね。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155549j:plain

チャンバーのフィルターは、これは初めて見るパターンです。アクセサリーにチャンバーのフィルターは入っていないので紛失要注意。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155723j:plain

マウスピースの口が当たる部の素材はAvantと同じに思えます。Starryのマウスピースの方がもうちょっと金属っぽい。トップキャップはマグネット固定式。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628155932j:plain

トップキャップのパーツは、概念的にはStarry、Avantを踏襲しています。
シリコンパーツを外し、

f:id:umu_umai_ojisan:20190628160024j:plain

ひっくり返すと、ステンレスメッシュ、セラミックパーツがお目見えする。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628160111j:plain

それぞれ、ここまで分解でき、なんならセラミックパーツのステンレスメッシュも爪楊枝使えば外せます(弱くて変形するので外していませんが)

AvantとStarryとの互換性は?と気になる人がいると思うので、画像用意しました。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628160303j:plain

左から順に、ARIA、Avant、Starryです。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628160409j:plain

トップキャップのパーツ、左から順にARIA、Avant、Starry

中段セラミックパーツはそれぞれ互換があります。
下段ステンレスフィルターはARIAだけ穴が細かく若干大きいですが、そんなの関係ねぇで(AvantとStarryのステンレスフィルターは)ARIAに流用可能です。

ARIAのステンレスフィルターはサイズ的にAvantとStarryには入りません。

なお、トップキャップ本体、シリコンブロックはそれぞれ互換はありません。

f:id:umu_umai_ojisan:20190628160729j:plain

Topgreen三兄弟、左からXVAPE ARIA、XMAX Avant、XMAX Starry(V2)

StarryよりARIAの方がズシッと重みがあります(あとで重さ比較します)

 

[性能]

f:id:umu_umai_ojisan:20190628181001j:plain

・電源ボタン3クリックで起動、自動ヒートアップ
・ヒートアップ完了でバイブ
・起動時、up/downボタンで温度上下(100〜240度)
・起動時、電源ボタン+upボタン長押しでセッションタイム5分/10分可変
・起動時、電源ボタン+downボタン長押しで摂氏←→華氏変更
・起動時、電源ボタン3クリックで電源off
・ヒートアップタイム 25度 → 190度:約30秒
・セッションタイム:ヒートアップ完了からカウントダウン開始、5分or10分

 

[喫味]
本体にややケミ臭があるように思われます。最高温度でメンソシャグ炊いておいた方が無難かもしれません。

 

<チェシャグ 緑 190度>
自分のいちばん好きなチェシャグ緑の喫味は、DynaVapあるいはStarry 190度での喫味という前提でお考えください。

メンソフレーバーはしっかり香るのですが、なんとなく「重い」という印象を受けます、あと喫味にAiristech的なチープさがある。
チェシャグの甘みや旨みもあまり出て来ず、若干不満を感じます。
190度で吸ってますが、ARIAだと喫味傾向が体感で190度よりもう少し高いような印象もあります。試しに175度まで下げてみましたが、キックもメンソールも明らかに弱くなりました。
これはシャグ探しが必要ですね。


<コルツクリアメンソール 190度>
定番ですが、チェでダメならコルツクリアメンソで。
あぁ、これは美味い。Fenixほど豊かな喫味が出るわけではないですが、メンソがかなり強く感じられ、コルツのわずかな甘みも感じられます。

が、Fenixでの美味さを知ってるので、これならFenix使っちゃうかなぁ。

ともかくシャグ探し続けましょう。

 

<ドミンゴ メンソール 190度>
個人的に変化球のドミンゴ、どうでしょう?
メンソール抑え気味でシャグの旨みと甘みがほんのりと香ります。
これはこれで悪くないですが、い草っぽい野草味があって若干吸いづらい。
ドミンゴをいろんな機種で試してるのですが、難しいシャグです。

 

<ハイタバコ 黄 190度>
困ったときのハイタバコ。あー、これはクセがなく吸いやすい。
他の機種だと喫味が強すぎてムセることあるんですが、ARIAだととても吸いやすい。
クセがなさすぎてかえって物足りない印象もありますが、悪くはないです。

 

<チェシャグ 赤 190度>
個人的に非着香のスタンダード、チェシャグ赤。
喫味がAiristech的ですね、わずかな辛さと酸っぱさ、反して甘みと旨みは弱い。
あまり好きではないです。

 

<Kir Royal 190度>

もうなんでも吸ってやれ、ですね。
あれ・・・ちょっと美味い。

わずかな甘みとフルーティーさがほのかに香ります。
が、Fenixでみられるようなモクモクと吹き出るような喫味には程遠い。
これもオススメはしづらいか。

 

<バリシャグ 赤 190度>
機種によってはキツめの喫味が出ることがあるバリシャグ赤ですが、ARIAだとクセがなく吸いやすいです。キックも強めで酸味は抑え気味、旨みと甘みはあまり感じられませんが吸った感は強いです。

ただ喫味って点だとPAX3の方が上かなぁ。

ARIAの良さを引き出してやりたい。もうちょい続けます。

 

<コルツライチ 190度>

機種によってはっきりと評価が分かれるコルツライチ、どうでしょう。

「ライチ!」って感じはしないのですが、舌に柔らかいフルーツフレーバーは感じます、ただ、弱いねぇ。

おすすめはできないねぇ。

 

<Pina Colada 190度>

ラベル変更で別のブランドから販売されてるのを見かけましたが、今回吸ってるのは旧Pina Coladaです。

パイナップルもココナッツもフレーバー弱くてスカスカだなぁ。

 

<7seas Gold Blend 190度>

シャグ類であまりいい評価をしづらくなってきたので、パイプ葉やってみます。
んほぉ。ミスト多くて甘みも旨みもなかなかのものです。
Zeusのように吹き出る喫味とは違うのですが、これは美味い!

いいね、常喫レベルですね、ポータブル機でこれはなかなかですよ。当たりだ!

さてはARIA、お前パイプ葉だな?

 

<コルツチェリー 190度>

7seasでヒントを得ましたのでパイプ葉で攻めてみます。

あぁああ〜いいですね。フルーティーで酸味と甘みがある良い喫味です。
かつて着香で高評価を博したAuraを思い出しました、イイね!

コルツチェリーに関してはトップクラスに喫味を出しているかもしれない。

これはオススメです。

 

<キャプテンブラック ゴールド 190度>

7seasが美味けりゃキャプテンブラックが美味いのはテッパンですし、なんならきっと桃山も美味い。期待できます。

ほのかなナッツフレーバー、蜂蜜のようなわずかな甘み、タバコ葉の旨み、イイ感じです。

カウントダウン残り4分から溢れるように出てくるミスト、満足感は高い。

ただどちらかというと7seas gold blendの方が好みかな?

 

<桃山 190度>

試さずにはいられない桃山。

キャプテンブラックや7seasとはまた異なり、焼き菓子風のフレーバー、重みが抑え気味で吸いやすくはあるのですが、若干キックは乏しい。

美味いことは美味いですが、Zeusの喫味を知ってると、ね。

 

<7seas regular blend 190度>

ナッツとココアの入り混じったような豊かなフレーバー。ミスト多く、キックも強く優れた喫味。

7seas regular blendでここまで美味いと感じたのは初かもしれない。

非常に満足感の高い1セッションです。

 

[メンテナンス、使い勝手]

そのままだとシャグポンは厳しいように思います。セラミックチャンバーのツルツル具合はシャグポンのポテンシャルがありそうなので、チャンバー上部の引っ掛かりをなんとかいじることができればシャグポンは可能かもしれません。

固まったパイプ葉は本体付属の掻き出し棒があるのでストレスなくシャクっとポンできます。

掃除もトップキャップ外して分解できますので丸洗いが可能でメンテナンスという点ではそこまで大変ではないでしょう。

 

チャンバーからマウスピースが近いので、特にパイプ葉でモクモクした時は舌焼けを起こす可能性があります。これは今後ユーザーにとっては問題になるポイントかもしれません。

 

[ここなら安いよ]
Amazonでも楽天でも似たような価格ですね、販売元が同じですから、まぁそうでしょう。

 

[さいごに]

なんだよ、Starry系じゃないのかチェシャグ緑楽しめないじゃん。Avantとも傾向違うし、シャグあんまり美味くねぇなぁ。これ失敗か?

から始まったレビューでしたが、パイプ葉を吸って評価は一変しました。

パイプ葉が美味い機種というと、まずXMAX V2 pro、Zeus Arc GT、Davinci IQ、そして先日のSwift Proなどが挙げられますが、XVAPE ARIAは取り回しとサイズ感から十分にこれらに食い込める機種ですし、ポータビリティとメンテナンスの簡便さからすると
ことパイプ葉に関してはトップクラスの評価となるかもしれません。

特にコルツチェリーと7Seas系の喫味はこれまで吸ってきた機種の中でも随一の喫味を出し、今後常喫するのも妥当と思える優れたフレーバーを出しました。

 

パイプ葉が美味い機種ってなかなか多くはないんですが、ARIAはここ最近の機種の中だと非常に満足感高く、愛機になりそうなポテンシャルを感じます。

いやぁ、良い機種増えましたね。満足満足。

 

記 2019/6/28