うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

グラインダーとヴェポライザー(大麻絶対ダメ)

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

-----------------

某有名人が大麻取締法違反で逮捕され、その影響からワイドショーで改めて大麻の違法性が喧伝されている昨今です。

個人的にはリーガル・ハイの蘭丸くんは好きだったので、バカなことをやったもんだと落胆する思いですが、当ブログは

 

大麻絶対ダメ、ドラッグ絶対ダメ

 

を貫いておりますので、警察の方々にはぜひ法に則って、違法行為に対して厳正な対処をして欲しいと願ってやみません。

 

さて、その流れで、容疑者宅から"グラインダー"が見つかったということから、ワイドショーでは

「グラインダーというのは国内では大麻をすりつぶすために用いられる」という非常に恣意的な報道がなされて不愉快な気持ちになっております。

このグラインダーというものについて書いてみます。

 

<グラインダーとはなんぞや?>

f:id:umu_umai_ojisan:20190524165539j:plain

上の写真のやつ全部グラインダーです。グラインダーというのは、荒い物質をすりつぶして細かくするための粉砕機です。
別にミキサー使ってもいいのですがミキサーだと掃除がめんどくさいのと、あと海外でヴェポライザーを買うとやたらと無料でグラインダーが送りつけられてきます。
あるのだから使おうという普通の発想です。

 

「アンタ、建前上タバコしか吸ってないんだからグラインダーとかいらないじゃん、怪しいもの吸ってんじゃないの?」という疑問、確かにあると思いますが
国内でヴェポライザー持っているグラインダー所持者は、ほぼ皆、自分と同じ目的でグラインダーを使用していると思います。

 

まず前提として、「ヴェポライザーでタバコ葉を吸う場合、一般にはキメが細かくてある程度湿度が調整されているものが美味い」という常識があります(まぁ好き好きではありますけど)

f:id:umu_umai_ojisan:20190524170204j:plain

で、普段吸ってるタバコの葉の写真ですが、左と右を見比べていただきたい。

左は通称「シャグ」と呼ばれるもので、そこらのタバコ屋さんに置いてある手巻き用のタバコ葉です。安いものだと25g 580円とかで買えます。

 

右はパイプタバコ用の「パイプ葉(タバコ葉)」になります。明らかに左に比べて右の方がキメが荒いのがおわかりいただけると思います。

 

キメが荒いタバコ葉は通風性が悪くなり、ヴェポライザーのチャンバーとの接面積が低下して喫味が若干低下すると信じられています(自分はそのままでも吸いますが)

その時に、キメの荒いタバコ葉のキメを細かくするのが「グラインダー」です。

 

日本のヴェポライザーユーザーでグラインダーを所持して要る人のほとんどのケースでは、キメの荒いタバコ葉のキメを細かくするためにグラインダーを使います。

 

「ほとんどのケースで」って、例外あるんじゃんと思うかもしれませんが、

自分は鮎を吸う時にグラインダー使ったり

もっと現実的には、香草のレモングラスを粉砕する時に使っていたりします

他にもお茶を粉砕したり、コーヒー豆を粉砕してる方もいます。

 

「マイナー例挙げて正当化しようとすんなよ」という意見もあるかもしれません。

じゃあ書きますが、

 

・ヴェポライザー買ってタバコ葉吸ってる人には、
 湯水のように金を使える人は多くないです

・自分の知り合いは30〜70歳のそれなりの仕事やってる人が多くて、
 妻子がいたりします

・しかも奥さんに財布握られて、奥さんの制裁に怯えながら
 コソコソとヴェポライザーを買い集めてる人がかなり目に付く

 

さて、金の話を始めましょうか。

紙巻きタバコで迫害されてiQOSなどに移行したユーザーは、増えゆくたばこ増税に懐を痛められます。iQOSのヒートスティックは20本入り500円で、3〜4分の楽しみに25円ほどの支払いを要求されます。そしてたいして美味くもないし、ホルダーは(自分の例だと)半年ごとに破損して交換してもらう必要がありました(1年ちょいで3回交換しました、酷い)

 

ヴェポライザーで使用するシャグの場合、好んで吸っているチェシャグ緑ですと

 ・25g 580円 です。

25gって言われても(?)、と思うかもしれませんが、自分が好んでいるStarryですと1回に使用するシャグ量は0.4g程です。580円で60回ほどは吸える計算になります。
かつ、だいたい自分の場合ですと0.4gを5分x2セッションで吸いますので、25gを120セッションの計算しますと、1セッションは5円を下回ります。(ヒートスティックは1セッション25円です)

これら雑な計算を根拠に、ヴェポライザーでタバコ葉を吸う場合、販売店側は「コストパフォーマンスはタバコよりも3〜4倍良い」というマーケティングをしています。

 

で、です。大麻末端価格をワイドショーベースで計算しますが、現状の大麻の末端価格は1g 4000円だそうです。

2〜3セッション4000円です。1セッションが1000円超えです。

 

嫁さんに財布握られてるのにそんな金ねーよ、というのが日本でグラインダー使ってヴェポライザーでタバコ葉を吸ってる人のほとんどの感想だと思います。

 

大麻は大麻取締法で単純所持で一発アウト
抽出物のTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、単純所持、使用、譲渡、購入、販売が一発アウト(免許所持者は除外)
・これらで逮捕されたら、まず確実に職を追われ嫁さん子供を路頭に迷わすことになる
・(そうなると自分のような特殊職の場合は再就職が厳しいので)首を吊ることになる

 

高い金払って首吊るリスクは犯せないというのがヴェポライザーで慎ましくタバコを吸ってる人たちの共通認識だと思います。

 

そもそも論、お金持ちで20代でクラブ通いして売人から高い金払って大麻を購入してる層と、
紙巻きタバコが社会からウザがられて肩身の狭い思いして、iQOSに移行したのに増税食らって奥さんからの小遣いも限られているので仕方なしにヴェポライザーに辿り着いたオッサン層というのは、人種が異なります。

 

ということで、ヴェポライザー吸ってて限られた小遣いでパイプタバコ葉買って
せっせとグラインダーで砕いてる貧しいおっさんを世論が叩きませんように、と心から願ってやみません。

 

以上、主観と自分の周囲のヴェポライザー好きとワイドショーという極めて限られたソースで書かれた駄文でした。

 

記 2019/5/24