うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Flowermate V5Nanoのお掃除

Flowermate V5Nanoのお掃除について教えて欲しいという依頼を受けました。

掃除の記事を書くからには、V5Nanoの構造的なものを少し記しておこうと思います。

非常に有用な記事をPuffitupさんが書かれておりますので、そちらを参考にしつつ・・

 

特に重要なのはこちらの画像なので、記事を読む前によく画像を見ておいてください。

(毎回貴重な記事を提供してくださっているPuffitupさんに感謝の意を表します)

Flowermate V5Nanoの特徴は

・エアパスと基板がきちんと分離されている

・チャンバーのエアフローはマウスピース収納部の小さい穴のみに依存している

といったところでしょうか。

 

[チャンバーの掃除]

f:id:umu_umai_ojisan:20190111182937j:plain

GLAZEコーティングが施されたセラミックチャンバー、という以外は特筆すべきことがありません。
研磨系のモノで掃除するとGLAZEコーティングが剥げる可能性があります、メラミンスポンジも多用するとGLAZEコーティングを剥がす可能性があります。

高温下でイソプロピルアルコールを浸した綿棒で掃除するか、化学的な有害性は判然としませんが汚れがひどい場合はセスキの激落ちくんで短時間で汚れを落としてから、十分に水などで拭き取ればいいと思います。

チャンバー底部のエアパスの掃除ですが、

f:id:umu_umai_ojisan:20190111183432j:plain

基本的にはツゲのモールなどにイソプロピルアルコールを浸して、コシコシと掃除することになります。

f:id:umu_umai_ojisan:20190111184233j:plain

他にお手軽お掃除ツールを紹介しておくと、シャグがかなり飛び散ることは飛び散るのですが

f:id:umu_umai_ojisan:20190113191802j:plain

エアダスター、ダストブロワー(Amazon、アフィ注)呼ばれるもの。

f:id:umu_umai_ojisan:20190113191854j:plain

吹き付けます、粉シャグが吹き飛びます。

f:id:umu_umai_ojisan:20190113191949j:plain

こんな感じ。底部エアパス小孔構造で、ノズルが入るタイプのヴェポライザーであれば全て応用できます。FocusVape / iFocus Pithなんかもこれで掃除ができました。

 

-----補足:エアダスターの有害性について-----

さっき家電屋でエアダスターの成分を各種比較してきましたが、全ての商品はDME+CO2という構成でした。CO2は二酸化炭素です、あなたが空気を吸って吐いたら出てくるものです。
DMEはジメチルエーテルなのですが、ほんの少し注意が必要です。

 

1.一応エアブロワーを使って掃除した後はすぐには本体を起動しない

可燃ガスを用いるため、燃焼する恐れがあります。

アパ(ート)マン(ション的な)ショップ(賃貸)のお店の大爆発事件はこのスプレー缶100本のガス抜き中に火器に触れて爆発を起こしています

 

2.人体への有害性

「大量にガスを長時間吸引すると酸欠で窒息死の危険」と書いてあります。

要するにヴェポライザーに少量、残留したものを、舐めた、ぐらいでは危険性はほとんどないと考えられます。

 

基本的に掃除はここまで、です。こまめな掃除で清潔を保つのが一番です。

・・・が。

 

どうにも汚れまくってドローが重い、喫味まで落ちてきた、破損は自己責任でやれるだけの掃除をしたいという方は(自己責任です)

f:id:umu_umai_ojisan:20190111184349j:plain

科学実験用のシリンジがぴったりと入ります(画像は5ml)。

これにイソプロピルアルコールを入れて、素早く数度フラッシュを繰り返し、

その後ドライヤーで内部を乾燥させてください。

 

エアパスと基板が分離されていますので、エアパスだけの完全な清掃が理論上は行えるはずなのですが、浸透したイソプロピルアルコールが完全に基板に触れないほどの密閉性が維持されているのかは不明です。

 

なので、最終手段という感じでこの手段はなるべく行わないことを勧めます。

(数度やってて問題は起こっていませんが、たまたまかもしれません)

 

<2019/3/15 追記>

もう少し突っ込んで掃除する機会があったので追記をしておきます。

f:id:umu_umai_ojisan:20190315172837j:plain

マウスピース収納部にある穴は、綿棒やフックを差し込んで引っこ抜くと外すことができます。

f:id:umu_umai_ojisan:20190315172942j:plain

スプリングを引っこ抜いた後の、ちょうどチャンバーの裏側にあたる部がこのようになっています。これまでの掃除よりも深い部にアプローチできるはずです。

 

カルダモンを吸った後にチャンバーの匂いがかなりキツくなったので、チャンバー内部をイソプロピルアルコールで洗浄したところ

f:id:umu_umai_ojisan:20190315173517j:plain

バッテリー収納部までイソプロピルアルコールが侵入してます。アカンっすね。(外して掃除しろって話です)

f:id:umu_umai_ojisan:20190315173655j:plain

バッテリー収納部を観察しましたが、基板やバッテリーの収納部はエアパスとは(気密が保てるほどに)完全に分離されてるわけではなく、プラスチックの鞘のようなもので隔てられているだけに思えます。

液体(イソプロピルアルコールとかセスキ電解水)ダラダラでチャンバーの掃除すると電池接点とか、下手すると基板に侵入して損壊する恐れがあるので、やはりやめておいた方がいいですね。

 

参考になればと思います。

記 2019/1/13

追記 2019/3/15