うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー ブログ

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Davinci IQのSmart PathのEditについて

Davinci IQの記事に関しては過去に記してきました。

夏の割と暑い時期には、Davinci IQの本体が熱くなるのが難点だったのと、
どちらかというと濃いフレーバー、重めのフレーバーが好みだったのでSolo IIやBlack mambaなどを好んでいたのですが、

肺を痛めて以降、特に冬で喉がヤられることの多い時期になると、あまり喉への刺激がなく、柔らかくて上品なフレーバーを出すDavinci IQの使用頻度が増えてきます。

 

やはりこの機種は他の機種と比べても随一のフレーバーを出す機種だと再確認させられます。

 

さて、これまでほとんど390F or 200度前後でDavinci IQを用いてきたのですが(Precision mode)、フレーバーを柔らかく抽出する場合は360-370F、Smart Pathですと

 スマートパス 1・・350-370F(176-187度)

        2・・370-390F(187-198度)

あたりが個人的にはよく喫味を引き出すように思えます。

 

このSmart Pathは、自分の場合は最初の3分はできたら350-360Fぐらいで柔らかく喫味を出して、終盤は370-380Fぐらいで少し喫味を濃厚に、というように細かくセッティングをしたくなるものですが、

Smart Pathを自作(Edit)することでその辺の微調整が可能です。

 

f:id:umu_umai_ojisan:20190111221126j:plain

Edit画面になります、自作したEditには名前をつけることができます

(ここではUMAOJI NO TANOSHIMIとなっています)

 

Davinci IQのセッションは10分で固定となっており、その10分の間で任意に
どの時間帯をどの温度で加熱するか、細かく調整することが可能です。

開始・維持温度を設定し、最初の何分の間その温度を維持するのか、そしていったん温度上昇させた後、後半はどこまで加熱をし、上昇した温度を何分維持するのか。といった設定が可能です。

f:id:umu_umai_ojisan:20190111221418j:plain

この例ですと、ヒートアップから370Fまで加熱されたのち、4分間370Fを維持して、その後4-5分の間で380Fまで上昇、以後5分〜10分の間は380Fを維持する、という設定になっています(面白くない設定ですいません)

 

要するにVapeでいうカービングのモードが、ヴェポライザーでは唯一Davinci IQに搭載されているわけですね。

 

ということで、Davinci IQのSmart Pathにはこれまで言及してこなかったので(そして自分が最近Davinci IQをまた頻用するようになったので)記事化してみました。

 

記 2018/1/12