うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

紙巻を吸う:iQOS バランスドレギュラー

<はじめに>

当サイトをご覧いただく際の注意事項ははじめにをご覧ください。

またこのコンテンツに関しては紙巻を吸うに当たっても併せてごらんください。

 

<iQOS バランスドレギュラー>

タール、ニコチンとも表記なし

f:id:umu_umai_ojisan:20181224133548j:plain

世の中で一番吸われているコンビニで買えるタバコって、もうiQOSなんじゃね?と思って、iQOSをヴェポライザーで吸うという二番煎じネタを始めてみます。

(紙巻じゃねーじゃんというご意見、理解しております)

iQOSのヒートスティックは現状、

レギュラーバランスドレギュラーレギュラーメンソール
ミントスムースレギュラーパープルメンソール

が販売されています。

普通の紙巻きタバコとの中身の違いということでいうと、加熱式タバコだとミストが出なくて吸った感が乏しいので、グリセリン混ぜてモクモクになるよう工夫がされている、あと葉の方向を均質にしてブレードが刺さりやすくなっている、あたりが違いでしょうか。

 

ま、吸ってみましょう。

iQOSをヴェポライザーで吸おうとしてすぐに気づくことなのですが、
めちゃくちゃにコスパが悪い。

f:id:umu_umai_ojisan:20181224135208j:plain

左、iQOSのネオスティックに含まれるタバコ葉
右、マルボロ ミディアムに含まれるタバコ葉

1/4〜1/5ぐらいしか入っていないですね、これだけでiQOSのヒートスティックをヴェポライザーで吸うのは避けたほうがいいという話になっちゃうんですが、まぁ記事を立ち上げた以上、評価はしてみます。

 

<Zooka 内径10mm インジケーター緑>

Zookaでシャグ吸うとそもそもiQOSっぽいという評価を過去に書いたのですが、
ZookaでiQOS吸うとさらにiQOSっぽいですね。敢えて違いを書けば、温度の差かZookaの方が若干辛くて渋い。

Zookaのせいかヒートスティックのグリセリンのせいかは分からないですが、葉のフレーバーって出てきませんね。そのくせ喉の奥にだんだんたまる辛味、渋みは不味い。

美味くない、iQOSで吸った方がマシ。

 

<Zooka-ex(同OEM Herbva Viva)内径9.5mm 190度>

ヒートスティック2本分(50円)をヴェポライザーに詰めて不味い思いして吸ってる自分をかなり愚かしく思う。

Zooka-exでの喫味は、ミストが多く、わずかな旨味とやはり渋みを感じます。Zookaよりはタバコ葉っぽさを感じて旨味があると思いますがチェ赤の方がよほど美味くてコスパもよろしいですからね。

ただ、一つヒートスティックの良さをあげると、グリセリンが添加されているためか喫味の持続時間が長い、5分ぐらいはいける。喫味は減弱しますが2セッション目もわずかに不満な程度で吸える。

好んで吸おうとは思いません、チェシャグ赤もバリシャグ赤もこれよりはずっと美味い。

 

<C-Vapor3 内径10mm 190度>

あら、吸いやすい。ミスト多くて、舌触りが柔らかいですね。
Zooka-exの時は喫味にトゲトゲしさを感じましたが、C-Vapor3だとその辺がまろやかでかなり吸いやすいように思います。
ほんのわずかな渋み、ほんのわずかな辛味、多めのミスト、ボチボチの旨味といった具合で、今んところシャグが全く手元になくて不幸にもiQOSのバッテリーが切れてしまったという状況なら、iQOSのネオスティック吸うならC-Vapor3は悪くないように思います。iQOSのホルダーで吸うよりも好きかもしれない。
ポンといれてスッと捨てる時、割とシャグポンできるのも評価高い。

 

<Herbva 5G 内径8.5mm インジケーター緑>

チャンバーにあまり入らないのでヒートスティック1本で試します。
喫味にさほど辛味、渋みが混じらず割とマイルドに吸えるのですが、添加してあるグリセリンのせいか喫味に重みみたいなのを感じます。
美味いかどうかと言われると、チェ赤の方がずっと美味いなぁという感じですが・・吸えなくもないです。

 

<Flowermate V5Nano 内径9.5mm 190度>

190度からスタートして、非常に辛く、渋く、酸味が強くまともに吸えなかったので、180度、170度と下げていったのですが、やはりキツイ。
葉を詰め直して170度からスタートしましたが詰めると同様にキツイ。
170度、ヒートスティック1本分(今までは2本分)に減らして吸ったら、なんとか吸えるようになりましたが、あまり喫味が出てこない。そこから190度に上げたらまた辛くて冷や汗出てきた。

ふわっと詰めて低温でなんとか吸えるレベルですが、扱いづらすぎる。

 

<PAX3 200度>

高温スタートなのでV5Nanoみたいに大変なことになるかと思ったのですが、ミストが多く、喫味も柔らかくほどほどで吸いやすい。
わずかな旨味、ほんの少しの酸味、抑え気味の渋み、タバコうめぇとはならないのですが吸ってる感はだいぶあります。ボチボチ満足できるレベル。

当然コスパ考えたらバリシャグ赤試そうよって思いますが、どうしても手元にシャグがない時は知人にヒートスティック恵んでもらってPAX3で吸ったら緊急回避できそうです。

喫味の持続時間も長く、数分間の休憩で一息つきたい時なんかはヒートスティック2本分詰めて吸えば休憩時間の間は楽しめるといった具合です。

これは悪くない。iQOSホルダーで吸うより美味い。

 

<Zeus Arc GT middle-temp>

ヒートスティック2本分詰めて吸うと、柔らかくて吸いやすい喫味が出てきます。(1本だとあまり喫味出てきませんでした)

ミストすっごい多いです、タバコ葉の甘味とか旨味を強く感じられるほどじゃないですけど、PAX3と同程度に吸ってて満足感を感じられます。ニコクラもかなりキます。

 

[さいごに]

葉っぱがあまり美味くない、と書くと元も子もない感じになってしまうんですが、そういう印象でした。
グリセリンが添加されているというのはフィリップ・モリスが言っていることなんですが、たぶんそのために喫味がくすんだような全体的に重い印象になっています。

それでも、例えばPAX3、Zeus Arc GTではホルダーで吸うよりもマシな喫味を出し、C-Vapor3やHerbva 5Gではホルダーと同程度の喫味を感じられました。

 

無理して吸うもんじゃないというのはわかっていますが、手元にどうしてもシャグがない時はPAX3で吸ったりするのは緊急避難的にはありかなぁ?という印象になりました。
500円あるなら他にタバコ葉の量が多い(=コスパのいい)もっと美味い紙巻きがあると思いますが、今後周りは誰も紙巻を持っていない、周りはヒートスティックやネオスティックしか持っていないという状況はありうることだと思ったので、試しに吸ってみた結果は、そんな感じでした。

 

あの葉っぱの量で、紙巻と同程度かそれ以上の価格ですもんね、フィリップ・モリスなかなかすごい商売してるなぁと思います。

 

記事書いた後のその後の話ですが、トータル12セッションほどヒートスティックをヴェポライザーで吸ったわけですが3時間ほどニコクラと激しい吐き気で七転八倒しました。

予想以上にたっぷりのニコチンを吸入している可能性があります。

健康を考えるとあまりおすすめできないのかもしれません。

 

記 2018/12/24