うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

太巻きのお誘い

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

個人的に非常にテンションの上がる、嬉しい出来事がありました。

全体的な内容としては「シャグの太巻きを作るための新しい手法」に関してのことなのですが、そこでのやりとりが自分にとって何か新しいものを感じさせるものだったのでご紹介をさせていただきます。

 

[前置き]

シャグを手巻きすることのメリットはこのブログでも綴ってきました、

要は、なるべく喫味を落とさないよう弾を先に作っておいて、吸ってはポン、吸ってはポンできるというのがメリットです。
以前の記事では、チャンバーの内径になるべく近い太巻きを作ると喫味を落とさずに吸えるという考察をしました。

 

太巻きを作るには、巻正 弐というハンドローラーを用いていました。加工なしに最大10mmまで、エプロン(ローラーのベルト部)を自作することで11mmまでの太巻きを作ることができるのですが、巻正 弐は生産終了となり入手が非常に困難になっています。

 

[本題]

前置きはここらにして、本題に移ります。

「ず」さんより、このようなメールをいただきました。

---------------------------

(メール内容を要約しますと)

Fenixのチャンバー(内径13mm)にあうように3Dプリンタを使って太巻きローラーを作ってみました。シャグ入れもシャグポンも快適に行えています。
この自作した各種径に対応した太巻きローラーが他のヴェポライザーでも利用できるのか、ローラーをお譲りしますので感想を聞かせていただけないでしょうか?

---------------------------

(うまおじ返信)

利益供与がブログポリシーに反すること、いただいたものに対して悪い感想は書けないので率直な評価がしづらいこと、ブロガーの自分は閲覧いただいている方々と対等な関係だと思っているので金銭・物品などの授受は避けたいことをお伝えし、かつ
図々しく厚かましい自分は以下のようなお願いをしました。

(原文ママ)

すっごい面倒臭い提案なのですが、誰でも購入できるように一般公開された3Dプリンタのデータおよび商品であれば自分も胸を張って皆さんに紹介し、かつ試すことができます。(もちろんそうなればブログでも取り扱って記事化いたします)
元データが一定の基準におさまっているものであればDMM.makeなどで公開していただいて、その商品名をお伝えいただけると自分も、それを参考にするユーザーもすごく助かるように思います。

ただし、この手法は「ず」さんの懐を痛めることになると思いますし、そのプロセスが非常に面倒くさいものになるのはわかっているつもりです。
お互い趣味でヴェポライザーをやっている人にそこまでお願いするのは大変気が引けますので、「そうなると嬉しいなぁ」という個人の意見として受け取っていただければ幸いに思います。

---------------------------

(それに対して「ず」さん返答)

私の方は完全に趣味・手芸のレベルですし、工作好きのど素人といったところで
す。商売とかは全然その気はなく、しいていえば、うまおじさんから「いいね」
といってもらえたら、データ公開して、皆さんで好きに使ってもらえたらいいな、
みたいなことを考えておりました。

---------------------------

そんなこんなで、「ず」さんの好意によりほんの数時間のうちにデータが世界に公開され、誰にでもダウンロードが可能になり、3Dプリンタをお持ちの方であればこのハンドローラーを手にすることができるようになりました。

www.thingiverse.com

f:id:umu_umai_ojisan:20181219000933j:plain

f:id:umu_umai_ojisan:20181219000955j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20181219001012j:plain

なお、付記させていただきますが、もともとは「ず」さんが個人的に利用するために作成されたものであり、うまおじが無理を言って公開をお願いしたものです。

実際、「ず」さん自身も

---------------------------

他人様から「使えねー」とか言われると怖いなぁとも思っていたりもします。

実際、私だけしか、これを使ったことが無いわけでありまして、
その辺が少し不安ではあります。特に、ダミーを使って確認はしましたが、
エプロンのサイズがまちがってたらと心配してます。

---------------------------

プログラムで言えばアルファ版のようなものであり、初データの公開で完璧を求めるのはお門違いだと思います。
そんなことより自分が感動したのは、そうやって苦心して作られたであろうデータを「他に楽しんでくださる人がいるのであれば」と気前よくシェアしてくださった心意気に対して、です。

 

今回のやり取りを通じて、モノを作るというのが新しい次元に入っていると感じ、趣味人が集まって知恵をひねると本当に新しいもの・便利なものが生まれそうな空気が伝わってきました。
願わくば(利益供与関係がない趣味の世界で)自分もその輪に加われたら、と思いました。

 

その最初の一歩として、「ず」さんの太巻きローラーの3Dプリントのデータをご紹介させていただいた所存です。

こういう輪が広がっていくと、ヴェポライザー界はもっと面白いことになりますね!

 

記 2018/12/19

 

追記:大変申し訳ありませんが、販売を目的とした3Dデータおよびその創作物に関しては自分が購入したものでない限りこのブログで取り扱わせていただく予定はありません(またその供与も拒否します)。当サイトは販売者が利益の拡大を目的とするいかなる計画にも与する予定はありません。ご了承いただきたく思います。