うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

紙巻を吸う:マールボロ マルボロ(ソフトパック)

新コンテンツといいますか、継続連載していく予定のコンテンツです。

<はじめに>

当サイトをご覧いただく際の注意事項ははじめにをご覧ください。

この<はじめに>の部分は以後、紙巻を吸うに当たって(はじめに)に置き換えられます。

 

発端は、「このサイトは初心者向けと言いながら、初心者相手にしてないだろう?いきなりシャグ吸うのはハードル高すぎ」

という辛辣なコメントいただきました。

そう言えば始まりは自分もアメスピのボックスをほぐして吸っていて、そこからタバコ屋に通いつめることになったわけで、その最初の一歩の試行錯誤で止まると「ヴェポライザー、使えない」で終わる可能性があったわけです。

 

普通のサラリーマンがヴェポライザーというものに興味を持った時に、なるべく「当たり前に」「普通に」ヴェポライザーを使うことをコンセプトとしてこの企画を始めました。

f:id:umu_umai_ojisan:20181210113142j:plain

使う機種はこれらになります。

左から順に Zooka-ex(と同じOEMと考えられるHerbva Viva)、Herbva 5G、PAX3、Weecke C-Vapor3、Zooka、Flowermate V5Nano、そして個人的興味でZeus Arc GTです。

 

エントリー、ミドルレンジ、ハイエンドでそれぞれ選択肢に挙がりそうな機種で、外出時のタバコ休憩で用いられそうな機種を基準に選定しました。

 

入門者の窓口的なコンテンツになれば幸いに思います。

 

<マールボロ マルボロ ソフトパック>

タール 12mg、ニコチン1.0mg

f:id:umu_umai_ojisan:20181210113800j:plain

今となってはフィリップモリスのiQOSで中心的な役割を果たしているマルボロシリーズ、加熱式タバコを牽引するという意味合いで「マルボロ」というのは非常にその功績が(功罪?わかりませんが)大きかったように思います。

 

<Zooka 内径10mm インジケーター緑>

切ってそのままだとかなり隙間できます、ほぐして吸った方が美味いでしょうね。なのでほぐして吸います。ステンレスチャンバーの傾向なのかもしれませんが、喫味がぼやけて、はっきりしないもやっとした感じになります。辛味や渋みが抑えめなのは個人的に助かるのですが、全体的に薄くて満足感が乏しいです。
Zookaを「これ美味いよ」って胸張って勧めるって、なかなかしづらいですよね、喫味だけの問題もさることながらヒートアップタイムとかバッテリーのもちとかetc

続けていくうちにZookaでも美味い紙巻が見つかるといいのですが。

 

<Zooka-ex(同OEM Herbva Viva)内径9.5mm 190度>

Zooka-exと同OEMと考えられるHerbva Vivaで吸ってみます、Zooka-exを購入するお金はないのでご容赦ください。

これも内径が広いのでほぐして吸ってみます。

ヒートアップ途中からすでに香ばしさが広がり・・・がしかし、喫味が乗らない。
おかしい、スカスカだ。

---詰めて、200度---

仕切り直しです。ヒートアップ途中から香ばしさが広がり・・・
あれ、詰めてドロー重いのに喫味乗らない。

---210度---

ミスト増えて少し喫味がマシになりました。ダラダラ吸いなら悪くないですが、吸ってる感とか濃厚さとかは乏しい。あれぇ?

---224度---

最高温度です、ええぃ、ままよ。

薄いです。相性良くないみたいですね、加湿したらもうちょいマシになるかもしれませんがグリセリン持ち出すと訳わからないことになるのでそれはしません。
いずれにせよ、そのままでの利用はおすすめしません、フレーバーが出ません。

 

<C-Vapor3 内径10mm 190度>

うまおじはC-Vapor3アンチという評価が根付いていてかなり不本意に思っています。
自分は8,000円出すならSlickとかBlack mambaとかHerbva5Gとか他にいい機種あるよと思っているだけで、C-Vapor3が嫌いというわけではないです。単にあまり好きでないから使ってないというだけです(あ、それアンチなのか)

ほぐして吸います、Zooka、Zooka-exに比べると辛味や渋みが抑えみ気味で吸いやすい。しかし濃厚さやキックは弱い・・

---210度---

温度上げると喫味乗ってきますね、「すごい吸ってる感」は乏しいですがiQOSぐらいには美味い気がします。香ばしさ、わずかな旨み、わずかな甘みがでてきて吸いやすい。
渋みや辛味が抑え気味なのでダラダラ吸いに向きます。が、一発での満足感というのは乏しい気もします。
吸いやすいと思います。

 

<Herbva 5G 内径8.5mm インジケーター緑>

まず切って放り込んで吸ってみます。紙巻に適したチャンバー内径は手に入りやすい機種だとHerbva 5Gが一番適切ですからね。
香ばしさと旨味、結構出ますね。喫味にい草っぽい野草味を感じますが喫味は悪くない。インジケーター緑だと割と辛味と渋みも出てきます。濃厚には違いないですが、チェ赤とかの渋みを辛味が抑えられてもうちょい旨味・香ばしさが強いフレーバーの方が好きです。
割とミスト熱い。

次にほぐして吸ってみます、野草味が弱くなる、やっぱり巻き紙に燃焼剤とか入ってるんでしょうね、喫味が変わります。幾分甘みが乗ってきているように思います。香ばしさ、甘み、旨みがやや強め、渋み、酸味がほどほど。

チーターとかアクロポリスより酸味・渋みが強くて、アメスピオリジナルより辛味が抑えめ。

C-Vapor3とこれほど喫味変わるのは面白いですね、どっちが良い悪いの話じゃないですよ?

 

<Flowermate V5Nano 内径9.5mm 190度>

鮎吸ったり、コーヒー吸ったり、ヨモギ吸ったりと酷使されてるV5Nanoです、愛情のあらわれです。
あー・・・これは少し美味いかもしんない。柔らかい香ばしさ、旨み、わずかな渋み、ほどほどのキック。

吸いやすさならC-Vapor3と似たような感じですが幾分濃厚で幾分キックがあります。

---200度---

温度上げてもさほど変わらないですね。

---210度---

ここまで上げるとより濃厚さとキックが出てきますが、反面若干辛味と渋みが乗り、マウスピースが熱くなります。

吸った感はHerbva 5Gの方が上かなぁ。

 

<PAX3 200度>

PAX3は自分の中ではバリシャグ赤でゴールしてる感じがあるのですが、試さないと始まらないですからね。

190度、200度で吸ってみて、詰めたり少なくしたり色々してみましたがミスト多いものの喫味は弱くて物足りません、Zooka-exのような「アレレ?」感があります。

相性よくなさそうです。

 

<Zeus Arc GT middle-temp>

 おまけです、個人的好奇心。

薄いっすね、いい機種ならなんでもできるかというとそういうわけではなさそう。

---high-temp---

おっ、ミスト増えてほんのちょっと喫味出てきた。
が、しかし、弱い。

おしまい。

 

[さいごに]

以外にも一番濃厚でキックがある(そして渋みも辛味もある、紙巻に近い)喫味を出したのはHerbva 5Gでした。3000円のヴェポライザーが一番マシな喫味を出すんですからヴェポライザーってのは分からんものです。

 

次点でC-Vapor3とFlowermate V5Nano。

Herbva5Gで美味いということはサラリーマンがちょっと吸いするときに汎用性が高いということで、この結果はちょっと嬉しくもあります。

 

そんなこんなで、マールボロ(マルボロ)、ソフトパックの感想でした。

 

記 2018/12/10