うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

シャグ Virginia Spring バージニア・スプリング レビュー

<前書き>

このブログは喫煙を推奨するものではありません。

タバコは健康を害します。できる限り吸わない方が良いものです。

紙巻きタバコから離脱できない方、少しでもタールによる健康被害を減らしたい方、

タバコ代を節約したい方、そういった人たちが最終的に禁煙へ向かうための情報提供を目的に作成しております。

 

ヴェポライザーのレビューは全て主観になります。

私が感じた印象は、実際にヴェポライザーを利用するかた達の印象とは異なるかもしれません。

 

喫煙は二十歳になってから。

その他、細かい詳細についてははじめにをご一読ください。

----------------------

タバコ屋横断シャグマラソン(シャグマラ)

[第二十二弾]

Virginia Spring

Johannes Nieboer Tobacco Companyというブランドのオランダ産のシャグで、2016年の2月から日本で発売されているようです。なんとなくですが、この2〜3年で発売されてるシャグがあったり、2018年10月の増税で消えゆくシャグがあったり、盛衰の激しい業界なのかなという気はします。

f:id:umu_umai_ojisan:20181005105548j:plain

左から二番目、Virginia Springです。

f:id:umu_umai_ojisan:20181005105654j:plain

・内容量 25グラム

・580円

*****このシャグについて*****

前述の通りオランダ産のシャグで、2016年2月発売の比較的新しいシャグです。いくつかのバージニア葉を厳選ブレンドしているようで、「最高のバージニア葉のブライト部のゴールデンブレンド」という記載がみられます。「ブライト」というのはタバコ葉の中でも上部を使った上質な葉のことをいうそうですね。手巻きでは「マイルド」「甘みと酸味の混じった押しの強くない喫味」「あっさり系」「吸いごたえは軽め」「主張が弱い」といった文言が並びます。

***********************************

どちらかといえば重たいバージニアより軽めのバージニアの喫味の方が好きな気がします、良いシャグに出会えると良いのですが。

さていきましょう。

 

[喫味]

<PAX 3 190度>

うーん。手巻きのレビューに軽いって書いてありましたからね。軽い系のシャグをPAX3とDavinci IQで喫味搾り取るって基本難しいと思うんです。

手巻きの人たち嘘つかない、これホント。

ほのかに酸味と香ばしさを感じますが、キックも濃厚さも旨味も乏しいです。幸い酸味も辛味も抑え気味なので「単に薄い」だけですが。

次いきましょ。

 

<Davinci IQ 190度>

今日の体調がシャグの評価に適した状態かちょっとよく分からないのですが、

Davinci IQとVirginia Springで喫味が薄いのは間違いないです。

しかしかつて感じたことない柔らかい甘味と旨味が舌先に延々と、不思議な心地よさを与え続けます。

薄くて暖かいダシ汁が延々と入ってくるような旨味を感じます。変だな。

酸味も渋みもほとんどないので、感じるのが甘味と旨味だけで、タバコっぽくない不思議な喫味。

ちょっと評価しづらい。新しい感覚です。変なの。

 

<Solo2 190度>

喫味が出るのに時間かかるのはいつものことですね。実はミストが発生する前のほのかなフレーバーを楽しむのも好きなんですけど。

さぁきた。これは濃いぞ。

まずは甘味、ついで香ばしさと旨味、酸味はかなり抑え気味でミストは多い。

濃厚でキックがあります。先日レビューしたゴールデンブレンド・バージニアがクリアなバージニアだとしたら、バージニア・スプリングは甘味と旨味がやや強い、柔らかい(しかし濃厚な)バージニアです。

終盤若干酸味と渋みが出てくるので喉がイガイガしてきます、自分はここでoff(だいたい3分ちょい)

良い喫味でした。

 

<Gpen pro 204度 インジケーター緑>

これまでの機種と異なり、香ばしさが加わります。甘味、旨味、香ばしさ。

コンダクションの王道的な喫味で、Gpen proの良さがよく出ているとおもいます。

自分の好みの喫味でGpen proで吸ってきたシャグの中ではトップクラスに美味いように思います。

良いっすね、このシャグ。

 

<Boundless CFC 190度> 

酸味が少し強めに出て、香ばしさはあるんですが旨味や甘味が乏しいですね。

香ばしさある分、吸ってる感はあるんですけど、やはり物足りない。

わかってることですが非着香ダメですね。

 

<Fenix 190度 インジケーター紫>

香ばしさにわずかな渋み、わずかな酸味。

このシャグに特徴的だと思っていた甘味や旨味はFenixではかなり抑え気味になりますが、バージニアを紙巻ですってるような喫味になります。

これはこれで美味いです、渋みが少ないので吸い疲れも少ない。

悪くないです。

 

<Black Mamba 190度>

Black Mambaは「喫味が濃く、重い」という印象なのですが、このシャグはそもそもの喫味が軽いためかあまり重みを感じません。

ちょうどいい甘み、香ばしさ、かなり抑えめの酸味があいまって上品な喫味になってると思います。

 

これ、シャグが優秀ですね〜。美味い。

 

<Flowermate V5Nano>

Flowermate V5Nanoで採用されているチャンバーとハイブリッド方式は今後Flowermateの標準的なチャンバーとして継承されることになると思うので、できる限り後発の機種の参考になるようにシャグレビューでFlowermate V5Nanoを加えていくようにします。

 

まず芳醇な甘味と香ばしさが同時に広がります。次いで旨味。酸味は抑え気味で渋みもかなり少ない。

美味いです、柔らかいながらこってりした濃厚な喫味が長く続きます。このシャグで全体的に感じられるこってり感は濃厚な甘味と旨味が生み出すものなんでしょうね。

文句なく美味いです。やはりシャグが優秀。

 

[さいごに]

 

Solo2で美味い、Ghost MV1で美味い、みたいなレビューになると「ハイエンドなんか知らねーよ」という寂しいレビューになってしますのですが、

今回はGpen pro、Black mamba、Flowermate V5Nanoでもシャグが美味しく吸えたので、シャグ自体が優秀で吸いやすいのだと思いました。

通常Gpen pro、Black mambaだと喫味が重くなりがちな傾向があって、吸い終わった後に喉と体に疲れが出るのですが、このシャグは手巻きの評判通りマイルドと言うかライトな感じで、濃厚ながら吸いやすいように思いました。

 

また良いシャグに出会えました

 

記 2018/10/5