うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Flowermate V5NanoとSlickとマウスピースと510ドリチ

FlowermateのV5NanoとSlickについてレビューをしてきました。

V5Nanoの評価されるべき点を継承して、安価に(発売当初は5,000円以下で)売り出されたのがSlickと言えます。

様々なV5Nanoの良いところはそのままに、さらに一部はユーザーフレンドリーに改良されているのがSlickですが、V5Nanoとのマウスピース、ドリチの関係について記しておきます。

 

端的に結論を書きますと、

1. V5Nanoのマウスピースは510ドリチを接続できない

2. Slickのマウスピースは510ドリチを接続できる

3. V5NanoのマウスピースはSlick本体に接続できる

4. (細工なしに)SlickのマウスピースはV5Nano本体に接続できない

 

<検証>

画像とともに説明していきます。

f:id:umu_umai_ojisan:20180928094533j:plain

左:V5Nanoマウスピース

右:Slickマウスピース

f:id:umu_umai_ojisan:20180928094615j:plain

両者ともオスネジ、メス穴に挿し込む構造になっています。

f:id:umu_umai_ojisan:20180928094746j:plain

ガラス部を抜き取ると、接続部はこういう構造になっているのですが、Slickのガラス部はそのまま510規格の径になっています。一方V5Nanoのガラス部はガラス筒です。

f:id:umu_umai_ojisan:20180928094703j:plain

Slickの本体接続部には510ドリップチップが挿さりますが、V5Nanoの接続部には挿さりません。

f:id:umu_umai_ojisan:20180928095813j:plain

V5NanoのマウスピースはSlickに挿さりますが

f:id:umu_umai_ojisan:20180928095848j:plain

SlickのマウスピースはV5Nanoに挿さ・・・

f:id:umu_umai_ojisan:20180928095921j:plain

挿さりません。蓋を押してしまいます。

蓋を外せばいけるんですが、純正のV5Nanoのマウスピースがさほど悪くないのと、

「このマウスピースで使い倒す」ことを基準にV5Nano側が作られているので、510ドリチにこだわることに少し無理がある気がします。

 

V5NanoあるいはSlickの記事に追記しても良かったのですが、画像の枚数が多かったので独立記事といたしました。

参考になれば幸いです。

 

記 2018/9/28