うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

The Haze Square レビュー(とんかちさん寄稿)

The Haze Squareについてとんかちさんからもレビューお寄せいただきました。

個人的には、機種について良い点を中心にレビューするよりも、悪い点を中心にレビューした方がユーザーに寄り添ったレビューになると思っています。

良い点は個人の主観に依存する部分が多々ありますが、悪い点はユーザーの全てが「ここは良くない」と感じることが多いです。そういった意味では、jomoさんのレビューは非常にバランスの良いレビュー(着眼点が冷静でスマート)ですし、とんかちさんのレビューはユーザーが参考にしやすいレビュー(きっと自分も不満に思い、デメリットに挙げたくなる部分がちゃんと記載されたレビュー)だという気がしております。

 

とんかちさん The Haze Square レビュー

やっとでHaze届いたのですが、、、、

これ、私には無理な機種だったかも(・・;

詳細は既にjomoさん投稿やスレに上がってる通りだと思いますので、

その他補足だけですが。 いつもの通り、無駄な長文チラ裏ですので、スルー推奨でお願いしますm(__)m

外観

作りが本当に雑

アルミの質感は悪く無いのですが、塗装が本当に残念です。 そこら中に傷がついていますし、塗装に毛でも巻き込んだかというくらいのムラも多々・・・ あと、コイルがムニュって曲がって一箇所だけ飛び出してるので、そこがポッドに接しちゃうのです><;

jomoさんのシャグ画像では2箇所焦げてましたが、私のはこの飛び出した1箇所が焦げてました。 もっと平坦にコイルを付けれなかったものか・・・・

私は不器用なので外して曲げて付け直すとかは出来ません(笑)

青いトレイを1個頼んだのですが、2個入ってるし・・・・

塗装にしても梱包にしても、バイトの子が適当にやってる感じがしてしまいます><;

(※注意:あくまでとんかちさんの主観です笑)

アルミの質感とか、ギミックの作りとかは良いのに、細かい点で残念なことが多いです。。。。

喫味

グラインダー持ってないので普通のシャグを詰めたのですが・・・・ 「窓から放り投げたくなる」くらい薄かったです(笑)

なので、シャグ袋の底に溜まった粉シャグを使ってます(・・; バリ赤、ZIGZAG、緑茶、ライチで試したのですが・・・・

非着香は5秒くらいの吸い込みで結構濃くシャグの特徴通りの味が出るのですが、私が満足できるのは5パフくらい・・・

緑茶は自然で爽やかな香水の香りがしますし、ライチは苦味渋味が無く爽やかな酸味と甘味なのですが、薄っすい空気を10秒くらい吸い込まないとキックを感じません><;

1パフ目は温度を下げないと、ほぼ確実に焦げます><; 最初はスタートアップで時間がかかるから焦げるんだと思ってます。 焦げると、本当に真っ白な煙が出てきて、タールの混じった昔なつかしい味がします。。。 (これはこれで美味しかったりして(笑))

ここは私もスレレビューの方と同じように、数回スパスパで過ごしちゃいます。 で2パフ目~7パフ目くらいまでは、温度を上げればそれなりなのですが・・・・・ 頑張って5秒以上薄っすいミストを強く吸い込んで、吸い込みを止めると溜まったミストから「喉にズシン」とキックが来ます。

焦げてさえいなければ、確かに雑味の少ないクリアなミストですので、それはそれで美味しいのですが・・・・ 薄っすいのを頑張って吸い込んでる時間がまどろっこしくて・・・ これは休日の昼下がりにアールグレイでも嗜みながらゆっくりとタイプですね・・・ 直ぐに味のするコンダクションの方が私には合ってるというオチでした(・・;

ただニコチンは結構吸収してるようで、味が薄いからスパスパ吸ってると、直ぐに気持ち悪くなって来ます。 焦げによるタールと一酸化炭素が原因かもしれませんが・・・・ 肺活量少ないのに一生懸命吸い込んでるから、酸欠になってるだけだったりして(笑)

 

コンベクション?(機構的に)

ハイブリッドを想像していたのですが、コンベクションのように感じました。 コイルの横に吸気口があって、そこから吸い込んだ空気をコイルと周りの軽石?で温めて、その温まった空気をポッドに送り込んでるような。

静かなところで吸い込んでると「シュコー」って鳴ったり、吸い込み続けると「カンカンカン」ってなにか鳴り出すところが、まるでFenixって感じでしたが(笑)

 

詰め替え

これは想像したより楽でした。(青いトレイある前提ですが) 1ポッドづつ外して捨てるのかと思ってたのですが、ポッドは逆さまにしても外れないので4個まとめてポンできるから時短です(´ω`)

ただ小さい灰皿ですと周りに飛び散りますので、ゴミ袋に直接ポンにしたらとても楽でした。 詰め込みも、机と青いトレイさえあれば結構楽です。

FenixとかIQみたく、チャンバー周りが大きいところに雑にシャグを置いて、それを指で詰め込む感じですね。 (IQは持ってませんが(笑))

シャグポン回数が1/4になりますので、便利は便利でした。 ただ、粉シャグを使うとポッドやスクリーンに細かいシャグが張り付くので、毎回ハケでフキフキする手間が必要です。 普通のシャグ使えばここは楽なのですが、なんせ味がしなくて(・・;

ということで、外出にはやっぱりPAX3+モバイルバッテリー+シャグ袋ですね(笑)

そうは言っても、詰め替え無しで4回吸えるのは、ズボラな私にはやっぱり便利でした。

毎回の詰め替えが無く、吸いたいときにパット吸えるのは気分がとっても楽(´ω`)

 

その他

<マイナスポイント>

スレにもあったとおり、マウスピースが本当にユルユルです。 本体に収納するときに逆に差し込むと、絶対に落としてなくします><;

インジケータが無いので、今の設定温度がパット見解りません。

高い温度でヒートアップさせると、本当に真っ白な煙がモクモクと出てくるのに><;

毎回吸う前にマイナスボタン押して確認が必要です・・・・

あと、5段階の温度調整をサクっと変えることが出来ません。

5段階目から1段階目まで下げようと思ったら・・・・ マイナスボタンを4回押して、ブルブルブルブル→ブルブルブル→ブルブル→ブルって感じで下げるのが面倒くさい><;

ここはスマートパスがあれば便利なのに・・・・・ (しつこいですがIQは持ってません(笑))

通勤中に詰め替え無しで2本吸うという目的は達せられたのですが、運転中にボタン押しながら5秒以上吸い込んでると結構危険ですので・・・ 止めてしまうかも(・・;

私の場合はPAX3をもう1本買った方が幸せだったとの結論でした(笑)

でもせっかくなのでコンベクションにも慣れれるように、しばらくは頑張って使ってみます(●´ω`●)♪

 

---------------------

とんかちさんが、慣れないコンベクションを相手に悪戦苦闘という様子がまざまざと伝わってくる良レビューだと思います。

Firefly2、Ghost MV1、そしてこのThe Haze Squareともに、やはり「ユーザーを選ぶ」「微調整が難しい」「微調整がうまくいった時の喫味は素晴らしい」

「結局はCombustion(焦げ味)との戦いになる」というのはフルコンベクションらしさを感じますね。

 

しかし、某巨大掲示板でもとんかちさんのレビューからも伝わってきますが、20K近く支払って買うヴェポライザーですから、外観や塗装については所有欲が満たされるものを作って欲しいと強く感じてしまいます。

 

とんかちさん、レビューお疲れ様でした、ありがたく記事化させていただきます。

 

文責はうむうまいおじさん(www.umaoji.site 運営)が負います。

このブログ内、あるいはTwitter @umuumaiojisan

にてコメントいただければと思います。

 

2018/8/20 レビュー寄稿

2018/8/21 レビュー公開