うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

The Haze Square レビュー(Planet of the Vapesより)

The Haze SquareのPlanet of the Vapesによるレビューになります

原文はこちらからどうぞ

 

本体内に4つのチャンバーがあり、それらチャンバーをくるくる回転させて4セットは吸えるようにした機種です。

あまり国内では情報の多くない機種で、その機種をPlanet of the Vapesがレビューしておりましたので、いつもの雑訳ながら置いておこうと思います。

 

------------------------

でかいシャグ入れ、オンデマンド機:The Haze Square

The Haze Squareは他に類を見ない価格と構造をしているコンベクションタイプのヴェポライザーだ。小さいながら一発を楽しむのに十分な大きさの、4つのシャグ入れを備え、USB-C接続で充電できるので再充電は30分で済む。

一日中汗水垂らして働いてるような過酷なサラリーマンにとっては189 USDのこの機種はポケットサイズながら非常に心強く、オンデマンド機なので吸いたい時にいつでも吸える。

 

<一日中使うための大きな4つのシャグ入れ>

分かりきってることを書くが、The Haze Squareは2つじゃない、3つでもない、"4つ"の「ポッド」と呼ばれるシャグ入れを備え、少しの休憩の合間にだいたい1.5グラムほどのシャグを詰めれば、あとは自由だ。これだけシャグ容量があるのでほとんど1日じゅう再充填する必要なく使い続けることができる。ヘビーユーザーでない一般的なユーザーなら、数日に一回シャグ補充するだけで十分なはずだ。

ヴェポライザー市場において、これほどの容量を詰められるヴェポライザーは他にないし、The Haze Squareの仕組みは単なる"ギミック"ではない、この仕組みはいい仕事をしている。

www.instagram.com

<万能な、すぐ交換できる"ポッド">

ポッドの変更は見事なほどスムーズに、部屋のライトを点けるぐらい素早く簡単に行える。The Haze Squareの本体の裏半分には4つのポッドがあり、4つの角にそれぞれ一つずつポッドが配置されている。そしてその(使用中の)ポッドから新しいポッドに切り替えるには、90度回転させるだけでいい。

一度にたくさんのシャグを詰められるだけではない、ポッドごとに異なるシャグを入れれば1日の中で気分に応じて異なる喫味を楽しめるし、日中は低い温度でそれぞれのポッドのシャグを加熱し、夜は高温で楽しむ、みたいなこともできる。要はあなたの使い方次第なのだ。

 

<濃く、強い喫味>

Haze Squareの4つのポッドの一つ一つが大きいので、すぐに強い喫味を楽しむことができる。シャグ入れたてのポッドでの最初の数回は、うっすらと、しかし風味に優れた喫味が楽しめ、その後びっくりするぐらいモクモクのミストが出る。

Haze Squareのコンベクション方式は喫味豊かで何度加熱してもシャグを焦がすことはない。繰り返し加熱しても喫味が落ちにくく、セラミックのマウスピースとステンレスの内張りが蒸気を冷却するため吸った時に熱かったり辛味を感じることもない。

Haze Squareは強力な加熱ができる大きめのポッドと外気を流入させる構造を兼ね備えているため速やかに大量のミストが発生し、キックも強い。

 

<ワンヒッターとしての喫味>

Haze Squareのオンデマンド機としての加熱機能は、あなたがいつどんな時に吸いたくなっても速やかにワンヒッターとしての喫味を提供し、吸うのやめよう、と思ったら直ちにポケットに放り込める。1セッションで何回も吸うことができるし、吸いたくなければすぐに止めることもできる(他の機種のように1セッションの時間を制限するわけじゃない)。設定温度にもよるが、本体が十分に冷えた状態からだいたい5秒〜25秒ぐらいで望む温度に達するし、連続で吸うならノータイムで次のセッションに入れる。

ポッドが大きいのでテクニック的にはより満足感のある「ツーヒッター」的な使い方もできる。つまり・・、最初の一発は低温でシャグの旨味を引き出すような使い方を、そして二発目は温度を上げてミストを増やしモクモクで吸うような使い方を、といった感じだ。

 

<USB-Cで充電できる親切なバッテリー設計>

バッテリー容量的には1回の充電でギリ4つのポッドを使いきれるかもしれない(ただ、高温でガンガン吸えばバッテリーの消耗は早くなるが)。そしてUSB-Cから充電すればだいたい45分ぐらいで満充電にできる。45分待てないせっかちさんもパススルー使用が可能で、おまけにパススルー使用時に本体が熱くなりすぎるようなら充電は止まるようになっている。

 

<簡単操作>

ボタン操作について、省略

 

<アプリ経由で設定できるよ>

良いアプリがあり各種設定ができるが、Haze SquareはBluetoothを搭載しておらずWindows10かMacかAndroidでUSB-Cケーブルが接続できる環境が必要だ。(iPhoneでは操作できない)

 

<DryherbとExtractsの話>

日本人には関係ないので省略

 

<メンテのしやすいスマートデザイン>

交換式バッテリーだと素晴らしいのだが、Haze Squareは残念ながら内蔵型バッテリーだ。ただ、メーカーは次善の策を用意している。ドライバーで本体の蓋を開ければ、たった19.9 USDでバッテリーの交換が可能だ。

また、今まで見たこともない着想だが、ヒーターすら2つ4.99 USDで、ピンセットさえあれば交換可能なのだ。ファームウェアによるアップグレードも可能で常に最新のテクノロジーを享受できる。ただファームウェアをアップグレードする場合、USB-Cケーブルでコンピューター経由で操作する必要があるけれども。

 

<アクセサリー>

省略

 

<十分小さく、十分頑丈>

7.6cmの四角形、幅3.2cmの本体はポケットに収まり、アルミニウムの外装と255gの重さは滑らかでかつ頑丈な印象を感じさせる。

 

高さ:7.6cm

長さ:7.6cm

幅:3.2cm

重さ:255g

 

<保証>

省略

 

<パッケージに含まれるもの>

省略

 

<最も良い喫味のために>

吸う時の強さ、バッテリーの残量、メンテナンスとシャグの詰め方に気を配れば、Haze Squareはベストなフルコンベクションとしての喫味を出してくれる。

以下にコツを示す。

15秒のパフタイマーが設定されており、15秒吸えば濃厚に、もっと短い時間なら薄めの喫味が出る。

コンベクションは電源要求が大きく、充電が半分ぐらいの時に比べ満充電の方が動作がきびきびしている。

スクリーンの汚れは様々な問題を引き起こす。喫味は弱くなり、焦げ味が加わる。なので、ポッドとスクリーンはできる限り綺麗にしておく必要がある。筆者は4つのポッドを吸い終わるたびにアルコール綿でスクリーンを清拭している。

シャグの詰め方ガイドラインを書いてみた:

 ・普通〜細かめにシャグをグラインダーにかける

 ・加湿の強いシャグより乾燥したシャグの方が美味い

 ・ポッドにわずかに押し付けるぐらいのシャグ量の方がいい

 ・説明書の記載にもあることだが、グリーンランプが点灯してから吸うべきで、ブルーライトが点滅してる時に吸うと焦げ味を感じる

 

<できる限り綺麗に使う>

基本的には使うたびに掃除すべきだ。ただ、やることと言ったら吸い終わったらスクリーンとポッドを掃除するだけのことだが・・使うたびにアルコール綿でスクリーンを清拭すると良い。

4つのシャグ入れをちゃんと掃除する必要があるが、これも簡単に外すことができる。元に戻すのもさほど難しくはないが、ズレたりして密閉がうまくいってないと加熱に失敗する。分解、掃除をしやすくするための別売りトレーも取り扱っている。

 

<Haze Squareはどんな人向き?>

一回詰めて一日中使うユーザーにとっては完璧で、ポッドが大きいので強い喫味を楽しむことができる。USB-C経由で急速充電でき、パススルーにも対応してるので充電でイライラすることも少ない。外出時のお供としては非常に心強く、ワンヒッターとしてもいい仕事をする。4つのポッドに異なるシャグを入れておけばシャグに飽きることもない。

 

<Haze Squareが向いてないのはどんな人?>

濃い喫味を出すので、ライトユーザーには向いてないかもしれない。加熱して少し待った後グッと吸い込んでいい喫味が出るので、チョコチョコ吸いをするような人は最初濃厚であとに薄くなるPAX3やStarryといったコンダクションの方が向いてるかもしれない。

 

<さいごに>

Hazeは発売までの2年にわたり詳細を逐次報告してきた。Squareが発売されてみると、コンベクションとしてはほとんど最安値に近い価格で、大きな4つのポッドを有し、ヘビーユーザーの1日を満足させるような機種だった。もうちょっとバッテリーが長持ちすれば、ということも思うが、USB-C充電中にパススルーで使えるのは素晴らしい。これまでのポータブルタイプのヴェポライザーとしては類を見ない、4つのポッドを備えた濃厚な喫味を出すSquareは本当にパーフェクトだと思う。

 

---------------------------

うん、いや。欲しくなるよね。Haze Square。

せっかちな自分が喫味が出るまでのわずかな時間に耐えられるかわかりませんが・・・

 

今、フルコンベクションでTeraを買うぐらいなら、この絶賛記事を読むとHaze Squareの方がクオリティが高いようにも思える。

 

記 2018/8/1