うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

DynaVap VapCap M

<前書き>

このブログは喫煙を推奨するものではありません。

タバコは健康を害します。できる限り吸わない方が良いものです。

紙巻きタバコから離脱できない方、少しでもタールによる健康被害を減らしたい方、

タバコ代を節約したい方、そういった人たちが最終的に禁煙へ向かうための情報提供を目的に作成しております。

 

ヴェポライザーのレビューは全て主観になります。

私が感じた印象は、実際にヴェポライザーを利用するかた達の印象とは異なるかもしれません。

 

喫煙は二十歳になってから。

その他、細かい詳細についてははじめにをご一読ください。

 

<第三十七弾>

VapCap M(クリックでDynaVap本家に飛びます)

DynaVapはアナログな手動加熱式の(ライターで加熱する)ヴェポライザーをいくつか販売しております。

まずこのVapCap M、次にOMNI、そしてNONAVONG。

VapCap Mが一番お値ごろでセール時に安かったので、このVapCap Mの飛びついたヴェポライザーファンもいたのではなかろうかと思います。

 

[結論先取り このレビューに書かれていること]

(書いてるのが35歳の不器用でめんどくさがりなオッサンだと思って読んでください)

・喫味がすぐ失われてしまう(ピークタイムは10秒)

・めんどくさい

・喫味も薄い

・ヴェポやってるのにライター持ち運ぶのはちょっと・・・

 

[外観]

f:id:umu_umai_ojisan:20180713234549j:plain

緩衝材入りの袋の中に、この筒とステッカーだけ入ってました。

これなら送料込み48 USDで日本まで送れますね。

f:id:umu_umai_ojisan:20180713234701j:plain

ステッカーはプラケースに貼っちゃいました。中に入ってるのがVapCap Mです。

f:id:umu_umai_ojisan:20180713235121j:plain

ちょっと吸って焦げちゃってますが、VapCap M

f:id:umu_umai_ojisan:20180713235204j:plain

蓋開けて、本体側にシャグ詰めます。

f:id:umu_umai_ojisan:20180713235247j:plain

こんな感じ、そして蓋閉じて、蓋が覆った部分をライターで加熱します。

ターボライターが望ましいです。

 

[性能]

f:id:umu_umai_ojisan:20180714000027j:plain

電子機器じゃないですからね。性能も何もないですけど。

ターボライターは火力が強くてオイル(すいません、ブタンガスですね)がたっぷり入るやつが便利がいいと思います。

 

[喫味]

加熱を始めると本体から「カチッ」という音がします。そしたら吸い時です。

しばらくするとまた「カチッ」という音がします。そしたら止め時です。

 

チェ緑、チェ赤、コルツグリーンティー、ハイタバコ黄あたりを吸ってみましたが個別に喫味の評価をする価値を感じませんでした。ケミくささはさすがに皆無です。

どのシャグもPAX 3あたりで吸った時より弱いフレーバーがほどほどに出ます。

ピーク時間は10秒前後。

 

[メンテナンス、使い勝手]

メンテナンスは基本的にシャグポンで掃除箇所もチャンバーがあまり汚れないのでラクな方になります。

 

使い勝手は悪いです。めんどくさいと感じていたMagic Fligt Launch Boxよりも悪いです。どうめんどくさいかは[さいごに]にまとめて書きます。

 

[さいごに]

シャグを詰める、はみ出さないように気を配る(はみ出すと焦げ味がキツくなります)、ターボライターの火力の強いやつで炙る、カチッと鳴ったら吸う。またカチッと鳴ったらストップしてライターで炙る。

これだけのことなんですが半端なくめんどくさいです。

これで喫味が1分続くなら(メーカー説明にある40秒でもいい)まだ喫味評価をする気持ちになれるんですが、「幾分シャグのフレーバーを感じた」らもうカチっていってお終いです、夏でこれですから冬はもっと酷いと思う。

またその喫味が少なくともGpen pro、贅沢言うならFirefly2ぐらいの喫味を出すなら吸おうという気持ちになるんですが、喫味(特に濃厚さ)はミドルレンジに及びません。

また炙りを繰り返してると焦げ味に変わるのも不満です。

ただでさえ、ヴェポユーザーはバッテリーに気を遣い、余計なものを持ち運ばないようにシンプルにコンパクトに荷物を選別するはずなのに、

ターボライターのオイル残量に気を遣い、人前でライターを使う配慮をし、そしてトータルでIQOS,gloに劣る(瞬発的な喫味はこれらよりも美味いですけど)喫味を頑張って出すのはなんとも不便さを感じます(ただしそう感じてる自分は単なる不器用でめんどくさがりな中年おっさんです)

 

ギミックを楽しんだりアンティークとしてデザインを楽しむなら良いですが、実用ベースで考えると選択肢にはなりえません。VapCap Mをメインで使ってるユーザーにとっては「おいおいその書き方はないんじゃないの?」と心外に思うかもしれませんが、たぶんそういうユーザーはいないだろうと思ってこの記事を書いてしまっております。

 

面白いは面白いんですけどね。実用には向きませんね。

 

記 2018/7/14