うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

ヴェポライザー導入ガイド

某巨大掲示板やtwitterなどを眺めてますと、

ヴェポライザーというものが良いという話を聞くが、加熱式タバコは分かるけどヴェポライザーは調べても数が多すぎてよく分からない、どうしたらいいのか?

という話をよく見かけます。

 

主観満載のヴェポライザー導入ガイドを書いてみます。

 

ヴェポライザーによる喫煙は二十歳になってから、ヴェポライザーも(紙巻に比べ害は少ないながら)あなたの体を害します。

 

 ヴェポライザーを導入したくなる理由として以下に列挙するケースを想定します。

  ・紙巻きタバコはもう外出先では吸えない、加熱式を検討してる

  ・Vapeに進んだはいいが、紙巻きタバコとは違いすぎて満足できない

  ・IQOS、gloを買ったは良いけど、ランニングコストが前より高くつく

 

ヴェポライザーのメリットとデメリットをまず認識しましょう

<メリット>

 1.ランニングコスト、基本的には本体価格+シャグの価格で導入できる

  ・本体価格は様々、シャグは例えばチェシャグ赤で550円で30-50回吸えます

  ・シャグとは「裁断されパックされたタバコの葉」を言います、

   これは通常タバコ屋で気軽に購入できます

 2.喫味

  ・シャグとヴェポライザーの相性が良ければ、

   喫味はIQOSやgloと比べて良いと考えます

 3.機種(ヴェポライザー)のバラエティ

  ・コンパクトなもの、メカめかしいもの、オシャレなもの

   あなたの好みのデザインのヴェポライザーを選べます

 4.匂いと副流煙

  ・紙巻特有の口の臭いはヴェポライザーで軽減します

  ・副流煙の被害もヴェポライザーで大幅に軽減します

  ・また、タールは理論上ほとんど発生しません

 5.シャグのバラエティが豊富です

  ・メンソール、フルーツ、紙巻に近いもの、様々なシャグを選べます

<デメリット>

 1.メンテナンス

  ・gloあたりと比べるとメンテナンスは一般的に煩わしいです

  ・シャグに対しても通常は湿度の管理が必要です

 2.世間の理解

  ・ちょっと知識がある人にとっては、ヴェポライザーは通常

   国内では違法である葉っぱを吸うための機種です

   (ただし国内では違法行為をしている人は皆無だと考えます)

   当サイトは違法行為と断固として戦う(拒否する)スタンスです

  ・そうでなくても、IQOSやgloに比べて圧倒的に認知の低いものです

   ただし大概は「これはIQOSのようなもの」で理解が得られると思います

 3.究極的な喫味は、やはり紙巻とは異なります。

  ・ヴェポライザーでは最後まで満足感が得られない可能性があります

 4.シャグ詰め、シャグ掻き出し操作

  ・他の喫煙手法にはない操作です、ここに煩わしさを感じる人は多いです

 

<最初のヴェポライザーを選ぶ>

上述のメリット、デメリットをまず認識しましょう。

その上で、まず最初にどのようなヴェポライザーを選ぶのか。

「安物買いで失敗したくない」という意見はよく分かりますが、ハイエンドを購入して「こんなはずじゃなかった」というのはむしろ陥りやすい失敗です。

 

エントリーモデルでコスパの良い、安価な機種として大きな失敗がないのが

ハーブスティック エコ」(クリックでAmazonに飛びます、アフィ注意)

と呼ばれる機種です。3000円前後で購入でき、ヴェポライザーの基本を全て備えます。

この機種を導入した際に学んでいただきたいのは

 

 ・ヴェポライザーというのはバッテリーの管理が煩わしい

 ・シャグの出し入れでどうしてもシャグがこぼれる

 ・紙巻とはやはり喫味が異なる

 ・選んだシャグで喫味が大きく変わる

 ・温度によっても喫味が変わる

 ・チャンバーの焦げ付きのメンテナンスが煩わしい

 ・運転中に気軽に、というわけにはいかなさそうだ

 ・やはり世間の目は気になる

ということ。(この機種のレビューは当サイトでも行なっています。)

この「ハーブスティック エコ」を一度通らないと、

「次に自分がヴェポライザーに何を求めるのか」がはっきりしません。

良いところと悪いところが分からないと次のヴェポライザーは選びにくいです。

ユーザーにとってハーブスティック エコのどこが一番不満だったかを基準に次のヴェポライザーを選ぶのがよろしいかと思います。

幾つかのヴェポライザーについては当サイトでもレビューを行なっていますので、参考にしていただければと思います。

 

この記事は以下に続きます

 1.ヴェポライザーというのはバッテリーの管理が煩わしい

 2.シャグの出し入れでどうしてもシャグがこぼれる

 3.味はもう少しなんとかならないのか?

 4.温度管理はなんとかならないのか

 5.チャンバーの焦げ付きのメンテナンスが煩わしい

 6.運転中に気軽に、というわけにはいかなさそうだ

 7.やはり世間の目は気になる

 

記 2018/07/07