うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

ヴェポライザー導入ガイド 1.バッテリー編

ヴェポライザー導入ガイド の続き記事になります。

(なお、今回も主観満載です、批判は受けますが責任は負えません)

 

ヴェポライザーによる喫煙は二十歳になってから、ヴェポライザーも(紙巻に比べ害は少ないながら)あなたの体を害します。

 

ハーブスティック エコを試してみて、何が不満だったでしょうか?

考えられる不満を以下に列記してみます。

 1.ヴェポライザーというのはバッテリーの管理が煩わしい ← 今回はここ

 2.シャグの出し入れでどうしてもシャグがこぼれる

 3.味はもう少しなんとかならないのか?

 4.温度管理はなんとかならないのか

 5.チャンバーの焦げ付きのメンテナンスが煩わしい

 6.運転中に気軽に、というわけにはいかなさそうだ

 7.やはり世間の目は気になる

 

どれがユーザーにとって一番不満だったかを確認してみましょう。

それぞれの不満に対する、次の選択を書いてみます

 

<1. バッテリーについて>

外出先でバッテリーが尽き、吸いたいのに吸えない。イライラする。

ヴェポユーザーにありがちなシチュエーションです。対策を書きます。

 

--- a.大容量バッテリーのヴェポライザーを選択する---

所持機種一覧をご覧ください。この一覧には「バッテリー容量」と「セッション数」が記載されています。バッテリー容量はバッテリーのもち、セッション数は「通常の使用で何回シャグが吸えるか」の指標になります。

セッション数の回数が多いものは、それだけ回数多くシャグが吸えます。バッテリー容量の大きいものはそれだけバッテリーが長持ちします。

代表的な機種にgloFlowermate V5シリーズArizer Solo 2Davinci Ascentがあります。ただし一般的に大容量のバッテリーを積んだものは本体が大きくなる傾向があります。

 

--- b.18650交換式のヴェポライザーを選択する---

所持機種一覧をご覧ください。あるいは18650バッテリーを使用するヴェポライザーでも構いません。ヴェポライザーの中には18650バッテリーを交換できるものがあります。幾つかのメリットがあります。

 1.経年劣化によるバッテリーの劣化を気にする必要がない

 2.外出先でバッテリー切れの際、フル充電のバッテリーに交換可

 代表的な機種に、Davinci IQVivant alternateecapple iv-1VS7XVAPE FOGXMAX Starry、(人気のある機種はもっとありますFlowermate V5 Nanoなど)

満充電の18650バッテリーを複数持っていれば外出中のバッテリー切れに悩まされることはありません、ここ1年ほどで18650交換式のヴェポライザーはどんどん数が増えていますので、需要の高さがうかがえます。

18650バッテリーの選択については

18650バッテリーの選び方

海外で高評価のバッテリーリスト

も参考にどうぞ。

 

--- c.モバイルバッテリーを持ち運ぶ---

ハーブスティック エコの、バッテリー以外に特に不満がない場合の選択肢になります。モバイルバッテリーを持ち運ぶという発想はヴェポユーザーにとっては標準的な選択です。

モバイルバッテリーの選択はどれでも構わないと思いますが、「安価」「バッテリーの品質が安定している」「充電の際のアンペアについて考えたくない」という色々の条件を考えるとANKER製のモバイルバッテリーをおすすめします

10000mahのPower IQ搭載(Amazonアフィ注意)

5000mahではあるがPower IQとコンセントプラグ搭載(Amazonアフィ注意)

どちらも所有して使っていますが、利便性は高いです。

 

バッテリーの不満、について記しました

 

記 2018/7/7