うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

ナチュラル アメリカン スピリット ペリックブレンド

<前書き>

このブログは喫煙を推奨するものではありません。

タバコは健康を害します。できる限り吸わない方が良いものです。

紙巻きタバコから離脱できない方、少しでもタールによる健康被害を減らしたい方、

タバコ代を節約したい方、そういった人たちが最終的に禁煙へ向かうための情報提供を目的に作成しております。

 

ヴェポライザーのレビューは全て主観になります。

私が感じた印象は、実際にヴェポライザーを利用するかた達の印象とは異なるかもしれません。

 

喫煙は二十歳になってから。

その他、細かい詳細についてははじめにをご一読ください。

-------------------

タバコ屋横断シャグマラソン(シャグマラ)

[第二弾]

ナチュラル アメリカン スピリット ペリックブレンド

バージニア系ペリック添加

本家サイトはこちら(本人確認、年齢認証が必須です)

f:id:umu_umai_ojisan:20180619144643j:plain

手巻き用アメスピには右上の水色のやつ、黒色のやつ、ターコイズ色のやつの3種類があり、

それぞれ

・オリジナルブレンド

・ペリックブレンド

・オーガニックブレンド となります。

f:id:umu_umai_ojisan:20180619233149j:plain

こちらが「ペリックブレンド」。

・内容量 40グラム

・1,080円

*****このシャグについて*****

ナチュラルアメリカンスピリット自体は、サンタフェナチュラルタバコ社が作ってるタバコで、日本ではJTが輸入してトゥルースピリットタバコカンパニーが販売しています。

バージニア葉が90%、ペリック葉が10%という比率で、ほとんどはバージニアなのですがこの10%のペリック葉が「ペリックブレンド」に独特の風味を持たせているということです。ペリック葉というもの自体が聞き慣れないタバコ葉なのですが、アメリカの在来種である「ペリック葉」という極めて希少なタバコ葉を、わざわざウイスキーを作るためのオーク樽に詰め、加圧し、1年間熟成するという不思議なことをやってます。圧力かけて発酵させているので、ツンと辛い喫味が加わるのがこのシャグの特徴らしいです。なお、こんなことやってるのは世界でもアメスピのみで、ペリック葉も独占契約でアメスピが専売してるようですね。手巻きの世界では非常に人気のあるシャグの一つだそうです。(ウンチク調べると割と面白いっすね)

 **********************************

アメスピオリジナルブレンドとかに比べると辛いのが特徴らしい、やはり加湿は必須でヴェポの相性もさることながら個人個人の相性の方が大きそうだぞ、と。

いきましょうか。

 

[喫味]

<PAX 3 190度>

f:id:umu_umai_ojisan:20180621102054j:plain

一応シャグ比較(左 チェ赤 中 アメスピ オリジナル 右 アメスピ ペリック)

ペリックの方が時折黒いシャグが混じる、と言われております。ほとんど見た目変わらんけどね。

 

加熱初期は甘み、辛味、酸味、渋味がまとめてワッと広がる感じで、十分に加熱されるに従い鼻の奥にピリピリとするキック、辛味が強くなります。そして舌の中に渋味がたまる。初期はバージニアらしい喫味で、後からペリックが効いてくるという感じでしょう。

うー、キツすぎて喉がゴロゴロします。タバコ吸って冷や汗出るとは。旨味とかを感じる余裕がないです。

 

<Davinci IQ 190度>

低温だと確かにウイスキーのような発酵の甘みを感じました。

190度に達すると、なんというか、刺激と辛味の強いバージニアですね(まんまですけど)、鼻にツンと痺れを感じます。アメスピオリジナルの時は吸い疲れのない心地よさを感じましたが、ペリックはこれに辛味、渋味、刺激が加わるのでダラダラやってる余裕がありません。

バージニアの旨味や酸味を感じる前に、先に辛味、渋味がやってくるので旨味がその下に隠れてしまって(個人的に好きな喫味の)良さが引き出せない感じです。

ただこればかりは相性な気がしますので・・

1セッションだけ吸って(吸うのやめてボーッと)余韻を楽しんでると、ハチミツ舐めた後のような甘さみたいなのが口に残ってるのが分かります。これは吸ってる時には感じなかったものです、オーク樽の発酵の味だろうか。

 

<Solo2 190度>

恐怖のSolo2、刺激で涙出るんじゃなかろうか。

 

190度に達した直後は、ほとんど喫味はありません。スカスカ。

しかし、それから1分ほどすると

最初に感じたのは旨味とわずかに喉の奥を刺激する辛味、そこから濃厚なミストとさらに濃くなる旨味。あれ、あんまり辛さや渋さを感じない。

・・・終わってしまった。2分ぐらいの短いピークと、刺激のあまりない、標準的な旨味。(体調かSolo2がおかしいかもと思い直後にSolo2でチェ赤を吸いましたが、チェ赤は美味い)

1日の加湿では足りなかったか?でもアメスピオリジナルでも感じましたがSolo2とアメスピの荒いシャグはそもそも相性がよくない気がします。

 

<Gpen pro 204度 インジケーター緑>

ペリックの喫味レビューはなんか疲れますね、身体がしんどい。

最初はやはりパイプ葉のような発酵した甘みが感じられます。加温完了に伴い喉から鼻にかけての刺激(辛味)と旨味、酸味を感じます。渋みは抑え気味。風味がやや抑えられたアンホーラ(リッチ、フルアロマ)のような喫味ですね。セッション中程から早い段階で喫味が減退していきます。悪くはないですが、今一歩、満足感が乏しい。

 

<Boundless CFC 190度>

先入観がまるでアテにならないのがよくわかってきました。

加熱完了時に感じるのは旨味や甘味の入り混じった複雑なフレーバーで喫味はクリア、しかし薄い。渋みや辛味はほとんど感じません。PAX 3なんかと比べると本当に同じシャグを吸ってるのか不思議になるぐらい喫味が違う。なんとなく甘みや旨みを感じながらセッション終了、スカスカです。

 

<Fenix 190度>

さて、少し気になるFenixです。どうでしょう。

旨味と酸味が少し感じられた後、急激に渋味と辛味がキツくなり、加温終了時には非常に強いキックと喉、鼻へのピリピリが出てきます。ミスト多い。

辛い!濃い!!濃厚すぎて細かい喫味評価どころじゃないです。

そして意外にピークの時間が短い、3〜4分といったところ。紙巻のテイストに近いです。冷や汗でてきた。直前に吸ったBoundless CFCとなんと印象の違うことか。

 

<Black Mamba 190度>

アメスピオリジナルでムセてしまったBlack Mamba。さて、ペリックはどうでしょうか。加温に従いバージニアの旨味や酸味がよく引き出されます。加熱完了から鼻の奥にピリピリする刺激と渋味が加わります。重く、深い喫味、キックもある。

十分に加熱されると終盤(4分〜)は辛味と渋味がメインになり、旨味は抑え気味になります。

ニコクラがすごいです。

 

----------------------------

[感想]

落ち着いて冷静にダラダラと吸えるようなヴェポは、今回試したヴェポライザーの中では見つけられませんでした。比較的喫味が薄くなると思われるPAX 3やFenixで最も喫味が濃く・渋く出て、反対にSolo2やGpen proだと渋みや辛さが抑え気味になるのが不思議でなりません。

いわゆる「一般論」ってのは、シャグ吸ってみるまでは全く通用しませんね、驚きの連続です。

ペリックは(自分は)常喫というわけにはいかないシャグですが、ヴェポライザーによって同じシャグでも喫味が全く変わってくるのは本当に面白いです。

 

記 2018/6/21