うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

閑話 Boundless CFC2.0(Planet of the Vapes)

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

-----------------------

Planet of the Vapesより発表されたBoundless CFC2.0の初レビューです

心待ちにしていたユーザーが多かろうと思います、こちらのサイトでも取り上げるつもりですが、まずは大手レビュー(兼販売)サイトからの情報をご紹介します

 

Planet of the Vapes

Boundless CFC 2.0 First Look

以下、和訳というか雑訳でお届けします。

 

「ややでかく、さらに良く、お財布に優しいBoundless CFC 2.0」

Boundless CFC2.0の販売が間近に迫っていて、Boundless CFC 2.0のちょっと大きな本体の中にどんな新しい機能が詰まっているのかあなたはきっとソワソワしてることだろう。

デジタルの温度調節、ポケットに入るそのサイズ、そして90ドル前後という安価さといったCFC2.0の重要ポイントを押さえていく。

CFC2.0は過加熱を修正し、そしてマウスピースや接続部の破損のしやすさをオーブン周りに緩衝を設けることで是正されている。

わかる、確かにちょっとでかくなってるのはその通りだけど、確実に前より良い!

 

商品詳細

 ・小売価格:89.99 USD

 ・温度調節:140-446F(60-230度)

 ・セラミック製コンダクション型オーブン、シャグ容量0.3グラム

 ・ドライハーブ専用

 ・本体 高さ 13.2cm, 直径 2.8cm,  84グラム

 ・3色あるが、現在はブラックのみ

 ・3年保証

お手軽だが、頑丈

長さ13cm超え、直径2.8cmあるが、Boundless CFC2.0はそこまでイカつい感じはしない。表面コーティングはこれまでのBoundless製品とは異なり、イソプロピルアルコールで拭いても溶けなかった。最初吸った時は、マウスピースが熱くなることはなく、オーブン周りのごく一部が高温で使用した時にちょっと熱くなるぐらいだった。前のCFCに比べて全てが改善している。

 

ヒートアップが超早い

これまで色んなヴェポを触ってきたが、ヒートアップタイムは最速の部類になる。390Fに達するまでにわずか25秒!あんまり早過ぎるから「吸えるよ!」の状態になったらブルッと震えて教えて欲しいぐらいだが、贅沢な悩みか。

 

上品な喫味

たった90ドルのヴェポライザーだし、(Planet of the Vapesとしては)ハイエンドのようなびっくりするような性能とかは求めていない。400F以下では幾分かの香りを伴う上品な喫味が出て、それより高温なら少し喫味が落ちる。他のBoundless製品のようにCFC 2.0はミストのモクモクによる満足感を幾分か犠牲にしている。つまり・・・

セッションごとの喫味は濃く、喉のキックはそこまで強くはない。バブラーのアダプターが同梱されているので、バブラーを使えば柔らかいミストを楽しむことができる。

 

ドライハーブ用として印象的なオーブン

CFC 2.0は0.3グラムものシャグを詰めることができる特大のオーブンを備えている。だが、ちょっとのシャグをチャンバーに入れても良い喫味をだす。シャグは攪拌せずともよく加熱され、広口のオーブンはシャグを詰めやすい。

 

安定したバッテリーの長さ

CFC 2.0は交換式でない内蔵バッテリーで、Boundless側はだいたい3時間充電すると390Fで使用すれば12〜14セッションは使えると言ってる。ただ、もうちょっとバッテリーについては検証しようと思うが、390Fより高い温度で使ったところ8〜10セッションしかもたなかった。このヴェポライザーにそこまでの大容量バッテリーは求めてはいないけれどもね。

 

ちょっと大きくなり、もっと良くなった

CFC 2.0はCFCよりもちょっと重く、大きくなったが、理屈にかなっている。本体形状はよく、オーブンはそこまで熱くならず、本体表面はより丈夫なコーティングが施されている。マウスピースはCFC 2.0のために再デザインされて、やたらと熱いミストが上がってこないようになってるし、マウスピースが割れる恐れも減った。(このマウスピースはCFCでは大きな問題だった)

 

CFC 2.0はどんなユーザー向き?

前作CFCに魅了され、でもマウスピースの欠陥を心配してるようなユーザーにぴったり。90ドルはそこまで高くなく、温度調整がちゃんとでき、ポケットサイズ、そして喫味にそれほどがっかりすることもない。前作CFCの構造上の欠点を修正し、サイズ感、性能、価格のバランスといった総合面で優れてるヴェポライザーだと言って良い。

 

----------------------------

マウスピースの改善とアツアツにならないのは良いですね。

記事で喫味を良くいってる表現が少ないのが気になりますが、もし前作CFCと同程度なら及第点といったところでしょうか。

楽しみですね、CFC 2.0。

 

この記事について何かご質問や相談、間違いの指摘などありましたらお気軽にコメントいただければと思います。

 

[関連記事]

実際に購入し、レビューしました。残念な結果でした。

これを買うぐらいならBoundless CFCの方がいいと思います。

記事更新 2018/8/17