うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

ecapple iv-1

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

<第十弾>

ecapple iv-1

(クリックでecapple社、本家サイトに飛びます)

 

ecapple社、ヴェポライザーに関してはiv-1のみを世に出していて、その他はVape関連の製品を取り扱っています。

着香系シャグで喫味優れたヴェポライザーを挙げろと言われれば(ハイエンドを除けば)、boundless cfc, flowermate AURA, ecapple iv-1が該当するでしょう。

しかしecapple iv-1には、boundless cfc、flowermate AURAとはまた異なるメリットデメリットがあります。

 

[結論先取り このレビューに書かれていること]

・着香シャグの喫味が、バブラーありでクリアに出ます

・喫味の濃さ、という点では他のヴェポライザーに劣るかも

・バブラーなしでは美味くないので、バブラーあり家用限定か?

・18650バッテリー採用

・色々ヴェポライザーが出てきた現時点では、選択肢から外れるかもしれない

・ここなら安いよ

 

 [外観]

f:id:umu_umai_ojisan:20180519145344j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180519145207j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180519145509j:plain

バブラーが目立つということ以外は、スティックタイプのヴェポライザーとあまり変わりません。

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180524184320j:plain

ディスプレイ。普通。

f:id:umu_umai_ojisan:20180524183915j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180524183929j:plain

チャンバーとマウスピースのメッシュ。普通のコンダクションにありがちな構造です。

 

 

[性能]

・本体 バブラーなし、バッテリーあり 172グラム

・ヒートアップ 80F → 410F 30秒

・バッテリー 18650の容量に依存します 2600mahでだいたい10回

・Micro USB給電あるいは18650バッテリーの交換

・パフボタン5クリックで起動、長押しでヒートアップ、起動時に5クリックでoff

・加熱幅 320F-439F

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180531214112j:plain

 

[喫味]

<着香 コルツ アップル&シナモン バブラーあり 温度:410F>

シャグは少しキツめに詰めて、高温の方が美味いと思います。

アップルの酸味とシナモンフレーバーがクリアに広がります。キックは弱く、Boundless cfcやflowermate AURAと比べると迫ってくるような喫味の強さは乏しいです。

 

<着香 Pina Colada バブラーあり 温度:410F>

パイナップルの酸味と旨味がクリアに広がります。キックは弱く、ダラダラとブクブクしたくなる喫味です。喫味の濃さやキックを含めたトータルだとBoundless cfcの方が好きかな?

 

<着香 コルツライチ バブラーあり 温度:410F>

コルツライチの苦味のないクリアな喫味が広がります。キックは弱く、クリアさではecapple iv-1が上ですが、満足感やキック、旨味を含めた評価だとBoundless cfcが上です。

 

[メンテナンス、使い勝手]

シャグポンは深いチャンバーのため、ほぼ不可。掻き出し棒必要(金属製耳かきとか)

掃除も濡らした綿棒でグリグリ、しかし汚れ落ちにくい。

管理に特に困るのはバブラー。落としたら割れる、梅雨の時期は定期的に洗わないとカビる、外での利用に向かない。

 

[ここなら安いよ]

あまり安くありません(以下サイトは当サイトと利害関係がありません)

もしAlibabaで英語で個人交渉ができるなら一番安いかも。

 

Alibaba(Alibabaに飛びます) だいたい45ドル+送料

DHGate(DHGateに飛びます) 高い

AliExpress(AliExpressに飛びます) 高い

 

Alibabaで個人交渉を始めると、最初は発送方法にDHLを勧められるかもしれません、China Postで送ってくれないかと交渉すると、うまくいけば送料が大幅に下がります。

ほとんどのセラーは非常に丁寧に、親切に、なるべくわかりやすく、粘り強く交渉してくれます。

 

[さいごに]

いろんな優れたヴェポライザーが世に出てきていますので、もうecapple iv-1は少し古い機種なのかもしれません。バブラーの管理も大変ですし。

しかし、18650バッテリーが使えること、Boundless cfcやflowermate AURAに比べて目立った破損報告がないことを考えると、着香系シャグを吸うという目的ならまだまだメリットがあるような気がします。

二つの質問が散見されます。

1.バブラー無しならどうなの?

苦くて渋くなります、それならばiv-1は使いません

2.温度がよくわからない

高温(400-420F)で喫味を強くして、バブラーで苦味や渋みを取り除いて楽しむのがいい気がします、それ以下の標準的な温度(370-390F)だと喫味は弱いです

 

個人的に使用頻度が下がってきてしまい、寂しい気もするヴェポライザーですが、参考になればと思います。

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180524190801j:plain

 

この記事について何かご質問や相談、間違いの指摘などありましたらお気軽にコメントいただければと思います。

 

[関連記事]

今となっては良いミドルレンジのヴェポライザーが数多く出てきたので、「非着香ならこのヴェポライザー」「着香ならこれ」というような選択をする人は少ないかもしれませんが、

かつて着香シャグを吸うならということでよく選ばれていたのは

Boundless CFC

Flowermate Aura

そしてこのecapple iv-1でした。ecapple iv-1の価格をずっと追いかけているのですが、相変わらず70 USD以上の高止まりですね。

 

記 2018/5/24

記事更新 2018/8/7