うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Vivant alternate

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

<第七弾>

Vivant Alternate

(クリックで本家サイトに飛びます)

 

Vivant社製、Alternate

このメーカーはヴェポライザーについてはVLeaFと、Alternateのみを世に送り出し

海外ではレビュワーが多く、国内でも熱心なファンがいます。

特にAlternateについては、国内で非常に高い評価をするユーザーもいれば、買ったことを後悔するユーザーもいて、評価が割と極端な印象を受けるヴェポライザーです

(自分は高い評価をするユーザーの意見を真に受けて衝動買いしたクチです)

 

特定のユーザーが高い評価をする理由や、比較的多くのユーザーが後悔してしまう理由までこの記事で明らかにできれば幸いですが、今の所自分の中でもこのヴェポライザーの評価が定まっておらず少し自信がないです

 

[結論先取り このレビューに書かれていること]

・18650バッテリーを採用し、突然のバッテリー切れも安心

・操作ボタンは反応が悪くユーザーフレンドリーとは言い難い

・ヒートアップは遅い

・ヴェポライザーでは珍しいフロー調節弁によりドローを調整できる

・本体の性能どうこうというより、使用シーンを選ぶ

・喫味が薄いからダメなヴェポ、という即断はこのヴェポには失礼か

・掃除やメンテナンスはしやすい

・ここなら安いよ(後述)

 

[外観]

f:id:umu_umai_ojisan:20180521161808j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180521161744j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180521161907j:plain

 

昔のトランシーバーのような外観?

底面スイッチはプラスが温度1度Up、マイナスが温度1度Down、

右にあるのが電源ボタン

f:id:umu_umai_ojisan:20180519143650j:plain

18650バッテリー採用

カウンターパートはなんとなくFenixだという気がするので、比べてみます

f:id:umu_umai_ojisan:20180521163931j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180521163939j:plain

左Vivant Alternate、右Fenix

似てるっちゃ、似てる。Vivant Alternateの方が一回り小さい

f:id:umu_umai_ojisan:20180521164223j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180521164134j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180521164351j:plain

マウスピースとチャンバー

マウスピースが折り畳めるように配慮しているのは個人的にはポイント高い

チャンバーは、パッと見コンベクションっぽい。浅いチャンバーにメッシュかご、メーカー公式にはコンダクション/コンベクションのハイブリッドとのこと。

チャンバーの傍にある緑色のパーツは、本体付属の爪楊枝みたいなもの、シャグをこれで掻き出せということでしょう。細かいところに配慮が感じられる。

 

[性能]

・本体151グラム

・MicroUSB給電ですが、中の18650バッテリーを抜いて専用充電器で充電しても構いません

・電源ボタンを素早く5クリックで電源on、しかしこのボタンの反応が悪く、適当に8クリックぐらいカチカチやるとonになる

・温度ボタンup/downで任意の温度に調整

・その後電源ボタンを長押しでヒートアップスタート

・ヒートアップ:98F → 390F 90秒(遅い!)

・バッテリー:18650容量に依存します、2600mahでだいたい10回(セッション時間によります)

・本体真ん中にあるフロー調節弁によりドロー調節可

(kolisugiさんご指摘ありがとうございます)

f:id:umu_umai_ojisan:20180522201337j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180522201353j:plain

写真左、フローを開放した状態でドローがスカスカに

写真右、フローを絞った状態で重めのドローになる

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180531212440j:plain

 

[喫味]

<着香 Mac Baren 7 Seas Gold(セブンシーズ・ゴールド)パイプ葉 温度:390F>

喫味は全体に薄いながら、ミストが多く

柔らかく甘いバニラ系のフレーバーが広がる

キックも乏しいが、味が上品でずっと吸っていたくなる。喉も舌も痛くならない。

ファンがしばしば言う「ダラダラ吸い」とはこのことか。

 

<非着香 Mac Baren Mixture Scottish Blend パイプ葉 温度:390F>

比較的濃厚な旨味とわずかな苦味を伴う、わずかにキックのある喫味が長い時間続く

ミストは多いが柔らかく、上品な喫味。

つい同じシャグでもう1セッションと追加したくなる。

 

<着香 Mac Baren 7 Seas Regular Blend(セブンシーズ) パイプ葉 温度:390F>

ウイスキーの香りを嗅いでいるようなアロマ、柔らかい甘みと旨みが続く

十分加熱されてからはバニラのフレーバーが加わり、ミストは多く柔らかく、

キックの弱い優しい喫味が続く

 

<着香 キャプテンブラック ゴールド パイプ葉 温度:390F>

タバコ葉の甘みと旨みが柔らかく広がります。キックは弱く、

キャプテンブラックらしさはきっと乏しいのですが、

もう1セッション、もう1セッションと同じシャグでダラダラ吸い続けたくなります

 

<非着香 チェシャグ 赤 温度:390F>

チェ赤の旨味だけをうすーく抽出したような喫味で、

柔らかくまろやかなフレーバーが持続します。

Gpen proなどで「チェ赤とはこういうフレーバー」と思ってる人にとっては、

キックもないし満足感も少ないし、不満は大きいと思います。

しかし変な中毒性がある。

 

<着香 コルツクリアメンソール 温度:390F>

コルツクリアメンソール自体の強いメンソールで、キックがあるような錯覚に陥ります

その後ろにはきちんとタバコ葉本来の旨味などが隠れているのですが、その喫味はVivant alternateでは乏しく、弱いメンソールタバコを吸ってるような感じになります

Fenixや、それよりも喫味の強いヴェポライザーでメンソールを吸ってきている人にとっては不満があるでしょう

 

[メンテナンス、使い勝手]

割とシャグポンしやすいです。シャグポンできなかったとしても、付属の緑爪楊枝でコリコリすればいいです。

マウスピースは裏面金属部に「Clean Often(たまには掃除しろよ※雑訳)」と書かれていますので、コインかなんかで開けて丸洗いしてやってください。

 

[ここなら安いよ]

3AVape でPre-sale、56.5 USD + shipping free(6,251円)で購入できます

Heaven Gifts ログイン後 76.0 USD + 最も安い発送方法(CN E-Packet 6.3 USD)

82.2 USD(9,106円)

 

 

[さいごに]

喫煙シーンを選ぶヴェポライザーです。

(以下、超主観になります)

仕事の隙間時間に一服、ドライブの最中に一服、友人との待ち時間に一服、食後お会計までの時間に一服、そういうタイミングで吸うものじゃない気がします。

オフの日の昼さがり、今日は読書でもしてみたいが口寂しい、幸い時間はたっぷりある。よしVivant AlternateとMac Baren 7 Seas Goldで優雅な午後を過ごそう。そういう余裕がないとなかなかこのヴェポライザーには手を伸ばしにくいです。そもそも、まず90秒のヒートアップ時間に耐えられる余裕がないとどうしようもないです。

ダラダラ吸いのためのヴェポライザーです

せっかちな自分はPAX3やGpen proでチェ赤をガツン!とやってしまいたくなりますが、時間ができた時にはVivant alternateでゆったりとした時間を過ごしたいです。

(そういう意味ではFirefly2と方向性が似ているのかもしれません)

 

このレビューを書くにあたり、各所にVivant alternateにあうシャグがないか聞いて回りました。その都度丁寧に答えてくれた方々に感謝いたします。

f:id:umu_umai_ojisan:20180521181604j:plain

 

この記事について何かご質問や相談、間違いの指摘などありましたらお気軽にコメントいただければと思います。

 

[ユーザー 生の声]

 

・(Vivant Alternateのレビューに対して)私も同じ感想を持っていて、変な中毒性に悩まされてます。 良い機種とは言い難いんだけど、悪い機種でもない 人には違うの買った方が良いよって言うけど、自分は愛用してるって感じのヴェポですね。 (キャプテンブラック専用機さん)

 

[関連記事]

他の長時間ダラダラ系の筆頭で名前が挙がるのはDavinci IQでしょうか。また役割や目的は差異があるとは思いますが・・

他に18650バッテリーが交換可能なヴェポライザーを一覧としてまとめました、ご参考にどうぞ

記 2018/5/21

記事更新 2018/8/7