うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Weecke Fenix

 

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

<第四弾>

Fenix

(クリックでAmazon Weecke販売サイトに飛びます、アフィ注意)

 Weecke社製ヴェポライザー、Fenix

安価帯ながらコンベクション構造をとっており、挑戦的なヴェポライザーと言えます

 

ブログを書く上で鬼門と言えるこのヴェポライザー、小文字のところは興味ある人だけ読んでください

--------------------------------------

正直いうとレビューをしたくないヴェポライザーなのですが、逆にこれをレビューしておかないと「うむ美味いおじさんはバカ舌なのか、それとも名機だけを扱うお高くとまった野郎なのか」と批判されると思いました。

昨年秋頃(2017年9月以降〜)からFenixに関するレビューがウェブ上でやたらと目につくようになり、そのいずれのレビューも歯の浮くような100点いや120点評価ばかりで、現実のFenixと乖離があると感じるようになります。
実際のところは開発元のWeecke社や国内販売店がが有名レビュワーの元にFenixを送り、そのレビューを依頼したため提灯記事ばかりが溢れるようになり、またそういったレビュワーがFenixの販売サイトに誘導をするなど、利害関係が複雑に絡まったヴェポライザーとなってしまっております。
ヴェポライザーには良し悪しがあり、FenixにはFenixのうまい使い方というのがあるのですが、Fenixをすすめる人種は一律ステマ、Fenixなどは買わない方がいいというようなアンチ評価が根付いてしまっている、初心者にとっては落とし穴、ベテランにとっては忌避すべきヴェポライザーとなってしまっているので、今回は自分の舌を信じて評価をしてみたいと思います。

--------------------------------------

 

[ 結論先取り このレビューに書かれていること ]

・ヴェポライザーには良し悪しがあり、全てに優れたヴェポライザーはない

・コンベクションやコンダクションはこの価格帯ではあまりこだわらない方がいい

Fenixで色んなシャグが美味いです

・デメリットも多い

・メンテナンスは比較的しやすい

・ここならもっと安いよ(後述)

 

[外観]

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180518170145j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518170202j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518170218j:plain

 

サイズ比較

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180620103256j:plain

 

マウスピースおよびチャンバー

チャンバーの汚れはちゃんと吸ってるよアピール

f:id:umu_umai_ojisan:20180518170156j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518170237j:plain

 

グッと握れる136グラム、質感だけでいえばチープさはあまり感じない、しっかりした作り

 

[性能]

パフボタン5回早押しで起動・自動ヒートアップ

その後2回パフボタン早押しで温度調節

170度〜210度でインジケーターランプによる表示

緑:170度

青:180度

紫:190度

赤:210度

f:id:umu_umai_ojisan:20180518172448j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518172443j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518172459j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180518172439j:plain

Micro USB給電

ヒートアップ 紫まで45秒

1セッション5min、2200mah(公称)、10セッションが限界

マウスピースはマグネット式でスポンとおさまる

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180531210607j:plain

 

[喫味]

プラ臭のない十分な喫味を得るためには、少なくとも数回は最高温度で空焚きを2〜3回おこなってください。あとメンソールシャグで何度か通気を行うとプラ臭はより少なくなります

510変換アダプターを使って金属のドリップチップかガラスのドリップチップを使った方がニコ汁が上がってきにくくなり、プラ臭が消え喫味が改善します、できたら交換した方がいいです

 

 <着香 Harvest mint:紫>

プラ臭をまったく感じさせず、旨味、酸味とミントフレーバーが濃厚にあふれ出ます。これは明らかにPAX 3、Davinci IQ、Boundless CFCよりも濃厚でそしてSolo2よりも長続きするフレーバーです。キックも強く喫味は濃厚で、吸ってる最中からニコクラを感じるほどです。ピークの美味さはSolo2に軍配が上がりますが、トータルの満足度はFenixの方が上でしょう。

いやはや、恐れ入った。

 

<非着香 ナチュラル アメリカン スピリット オリジナルブレンド:紫>

加熱完了後から幾分の旨味と渋味を伴う喫味が、かなりのミストを伴って口に広がります。IQに比べるとフレーバーの広がり(特に旨味)は乏しいのですがきちんと吸ってる感があり、ピリピリや辛味や渋味は抑え気味になってちょうどいい感じです。IQもそうですがFenixも吸い疲れのないダラダラ吸いができるので、手持ち無沙汰なときになんとなく吸うには適しています。5分は余裕で続く。うまいなこれ。

 

<非着香 チェシャグ 赤 温度:紫>

最初に感じるのは、プラスチック臭の混じったシャグの生臭い匂い

十分温度が加熱された後は幾分改善されるものの、

チェ赤の苦味、香ばしさ、美味み、甘みなどは引き出されない、キックも物足りない

その割にニコクラがかなりあるので、吸った気にはなるものの満足感は乏しい

 

<着香 コルツグリーンティー 温度:紫>

非着香と比べ、着香フレーバーでプラ臭が消えるためか幾分マシ

ただしグリーンティーの特徴である甘みや美味み、酸味は十分には引き出されない

キックも物足りない、スカスカの喫味にミストだけがもくもく生まれる

 

<着香(?) アンホーラ リッチアロマ 温度:紫>

アンホーラの特徴である柔らかで上品な口当たりはプラ臭の生臭さで台無しになる

タバコっぽいものを吸い続けた後、喫味が失われプラ臭だけが残る

吸い終わった後も口に嫌なプラ臭が残る

 

<着香 コルツクリアメンソール 温度:紫>

生臭さは全く感じることなく、清涼でクリアな喫味が長い時間に渡って続く

吸い始めから吸い終わりまで一定した爽やかさを感じ、1セッション5分を存分に満喫できる

キックも強く、コルツクリアメンソールの良さを最高に引き出せるのはむしろFenixではないかと唸らせるほどの満足感

コツは、インジケーターランプが点滅からきちんと点灯に変わってから(十分な加熱が終わってから)吸うこと、さもなくばプラ臭い

備考:コルツのメンソール系統のシャグはメンソールが強すぎるために、むしろ濃厚な喫味を引き出すGpen proやSolo2、FireFly2などでは口が痛くなりむせ返るほどの刺激になってしまう

 

なお、Fenixでのみ美味いシャグというのが散見されるようになり、この機種の特殊性を強く感じることになったので、シャグマラソンで必ずこの機種を喫味評価に加えることにしております。

シャグマラソンでの各種シャグの喫味評価も参考にしていただければ幸いです。

 

[メンテナンス、使い勝手]

シャグポンは非常にしやすく、マウスピースも丸洗いができる

チャンバーも広いためイソプロパノール綿棒でグリグリで容易に汚れが落ちる

なおシャグポン率に関しては驚異の一位(同率)で個人検証では10/10

1万円以下で加工なくほぼシャグポンできる機種というのは、実はFenixぐらいしか思いつきません。

 

[ここなら安いよ]

様々に探しましたが、概ね100 USDが相場のようです

送料や信頼性を考えると素直にAmazonでの購入が無難なようです(アフィ注意)

楽天市場でも同じ金額での購入が可能なようです(アフィ注意)

 

[閑話:コンダクション、コンベクション議論(スルー推奨)]

コンダクションは一般にシャグをオーブンで直接加熱し、熱せられたシャグが喫味を生み出すもので、喫味は紙タバコに近いものになります

コンベクションは熱風をシャグコンテナに通過させ、蒸すような感じで喫味をマウスピースに伝えます、シャグを直接加熱するわけではないのでシャグの焦げによる苦味は減り、よりシャグ本来のフレーバーを引き出すといわれています

Fenixは確かにシャグコンテナの底部から熱風を通過させ、マウスピースに喫味を届ける構造をしていますが、おそらく熱源とコンテナが近いためにコンテナが直接熱せられ、シャグが焦げてしまい喫味がコンダクションと大差ないものとなってしまっているようです

コンベクションの本来の喫味を楽しみたい場合は、Firefly2、Boundless CFXなどが定評がありますが、いずれも高価でなかなか手が出ません

 

[考察]

生臭さ、プラ臭さを消すためにメンソールが一役買ったのだと推測されます。他の機種ではキツくて吸えないコルツクリアメンソールも、あまり濃厚さを出してくれないFenix、そして一応コンベクションであることが一貫した喫味を生み出しピーク時間の長さにつながっているのだと思います。

 

[さいごに]

ヴェポとシャグは使いよう、の言葉通り、適切なシャグを選ぶとヴェポの評価が一変する好例だと思います

シャグによっては、明らかにハイエンドを凌ぐ喫味を出します。

ミドルレンジを選ぶ際になんとなくFenixを選んでしまい後悔した中堅〜ベテランの方も、コルツクリアメンソール、アメスピオリジナル、Kir royal、Harvest mintを試してみるのはありだと思います。

 

この記事について何かご質問や相談、間違いの指摘などありましたらお気軽にコメントいただければと思います。

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180518182539j:plain

 

[ユーザー 生の声]

・こちらのどこかの記事でバイオリンが美味かったというのを見て買って吸ってみました。 確かにセッション中ずっと美味いですね。(大阪のおっちゃんさん)

・ペリック私もずっと気になっていてとうとう買っちゃいました。早速加湿無しで吸ってみると。。。辛っ!イガイガはしないけど赤唐辛子の粉末を吸い込んでるみたい。子供が小さいので最近辛いものを食べていないせいか余計刺激的かも。味わいは直前にゴールデンバージニアを吸っていたので明らかに味は違う。初見は味を感じる前に辛味で舌や鼻がヤラれてしまったのでおとなしくフィルターかまそうと思います。。 (フェニックスかっちゃいましたさん)

 

[関連記事]

Fenixはアダプターを使った方がプラ臭さやニコ汁対策になって良いと思います。

Fenix miniについてもレビューを書いております。

Weeckeから販売されてる有名ヴェポライザーとしてはC-Vapor3がありますね。

記 2018/5/18

記事更新 2018/11/6