うむ美味いおじさん ヴェポライザー レビュー

うまおじ ヴェポライザーに慣れていない人たちのためのブログ

Herbstick eco FyHit eco ハーブスティック エコ

このサイトを閲覧するにあたっての注意事項は

はじめにをご覧ください

 

<第一弾>

Herbstick eco/ハーブスティック エコ

(クリックでamazonのCigGo本家サイトに飛びます、アフィ注意)

 

CigGo社製のヴェポライザー、代表的なエントリー(入門機)モデルと言えます。

ヴェポライザーを使っている人たちなら、必ず一度は目にしたことのある機種です。

 

[ 結論先取り このレビューに書かれていること ]

・安い

・ヴェポライザーに慣れるための最初のステップ

・手に入れやすい

・喫味は着香、非着香ともにボチボチ

・10,000円以上のヴェポライザーが他にあるなら、買う価値はなし

・ここならもっと安いよ(後述)

 

[外観]

f:id:umu_umai_ojisan:20180517134403j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517134449j:plain

うまい棒サイズ

上から順に、シリコン製マウスピース、通風孔、パフボタン、充電口、バッテリー(着脱不可)

Warningには長期間使用しない場合には定期的に充電しておかないとバッテリーがダメになると書いてあります。Herbstick Relaxなんかにも同じ注意書きがありますね。

 

[性能]

使い方はシンプル、まずMicro USBで充電し、完了したらマウスピースを外して、シャグ(タバコ葉)を詰め、マウスピースの蓋を閉め、5秒電源ボタンを押す

白ランプが点滅するので(充電残量により、白→青→赤の表示)、

お好みの温度に合わせる。2回パフボタンを押すたびに

シアン、ブルー、グリーン、パープル、イエロー、レッド→シアン・・

と変化します

f:id:umu_umai_ojisan:20180517134432j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517135617j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517135620j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517135631j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517140029j:plainf:id:umu_umai_ojisan:20180517140030j:plain

色と温度の対応は

・シアン 〜169度

・ブルー 170〜179度

・グリーン 180〜189度

・パープル 190〜199度

・イエロー 200〜209度

・レッド 210度〜

 

・シャグを吸うときに美味い温度幅は180-210度と考えられるので、設定温度帯は十分と言えます

・ヒートアップタイムはざっと、シアンで30秒、グリーンで45秒、レッドで60秒

 

f:id:umu_umai_ojisan:20180531205244j:plain

 

[喫味]

チェシャグ赤:温度グリーン(180-189度)

吸ってる感はあります、チェ赤特有のほろ苦さ、辛味、喉にくるキックはありますが、

全体的に薄い

 

コルツグリーンティー:温度ブルー(170-179度)

グリーンティーの酸味や爽やかさはほのかに香るものの、美味みを感じるというほどではありません、薄い。キック感が減るので全体的な満足度が落ちます

これ以上温度を上げればキック感は増しますが着香フレーバーが消えます

 

[メンテナンス、使い勝手]

吸う際にシャグを詰めるのが手間がかかる、ピンセットがあった方がスムーズ

ヴェポライザーを振ってシャグをポンと出す(シャグポン)は無理です、チャンバーが深く円筒のため難しい、ピンセットでシャグを取りたい

 

チャンバー内の清掃は水で濡らした綿棒でこする、あるいは荒技ですが空焚きしてアツアツのチャンバーを、イソプロパノールを浸した綿棒でこする(チャンバー破損の責任は負えません)

 

[バッテリー]

使用温度にもよりますが8回程度でヘタる、長時間のドライブには向きません

 

[破損報告例]

チャンバー底部から通風孔まで連続性があり、さらにUSB充電孔にも連続性があります

基板と電源系統が密閉されていないため、特にシャグにリキッドを滴下して使用する場合などにシャグ汁が基板を破損するという報告がまま見られます。

本体バッテリーを無理やりに取り出してみたところ、シャグ汁でベタベタだったという例あり。こまめに通風孔にこよりなどを入れ、掃除してあげましょう。

ヴェポライザー全体に言えますが、リキッドなどは用いない方がいいです。

 

[ここなら安いよ]

Qoo10.jp(2018/5/17) 3480円 送料無料

Fasttech(2018/5/17) 26.83ドル(2953円)送料無料 → 到着までに14-28日

そもそもAmazon本家が3500円なので、配達日数を考えればそっちの方がいいのかもしれません

Herbstick eco/ハーブスティック エコ(アフィ注意)

楽天市場でも値段がこなれて、3,640円送料無料ですね(アフィ注意)

 

 

[さいごに]

入門機の中の入門機と言えます。ヴェポライザーがどんなものなのか試してみたい、シャグを管理するということがどういうことなのか知りたい、どの程度節煙になるのか、どの程度コストが安くなるのか知りたい

そういう窓口的なヴェポライザーだと言えると思います

 

この記事について何かご質問や相談、間違いの指摘などありましたらお気軽にコメントいただければと思います。

 

[関連記事]

最初の導入という意味合いで、「ヴェポライザー導入ガイド」で推奨しているヴェポライザーのひとつです

似たような価格帯のヴェポライザーでは

・Airistech Nokiva(最安値 1,980円)

・Herbva Viva(最安値 1,980円)

などがあります

 

記 2018/5/17

記事更新 2018/8/6